売却する側のローン特約の注意点

August 12 [Tue], 2014, 20:34
住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、不動産の売買契約書の中に必ずローン特約というものがあります。もしも住宅ローンが組めなかった時に、契約をなかったことにできるという取決めです。一度とり交わした契約でも、住宅ローンの審査に断られた場合は契約自体を見直すことができるというわけです。ローン特約をつけることで、ローンの正式な審査結果が出る前に、住居購入の売買例薬を交わしておくことがてきます。ローンの審査結果を待っている間は、実際に購入できるかどうかがはっきりません。住宅ローンの審査を受けるためには、売買契約書の写しがなければ手続きができません。購入者が住宅ローンを利用するのであれば避けては通れないことなのです。ローン特約をつけて住宅の売買契約を結んだ場合、気をつけておきたいことがあります。契約した住居に移るのは、契約が終わってからしばらく経ってからにしましょう。ローンの審査が通ったことが確定してから、引っ越しをする方が無難かもしれません。もしも住宅ローンの審査にOKが出ず、売買契約が白紙になった時に、引っ越しにかかった費用が無駄になってしまう可能性があるため気をつけましょう。ローン特約について理解した上で、住宅の売買契約を交わすことが大事になります。

脱毛ラボの魅力
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:egb126g8pptrwy
読者になる
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる