受験生に最も大切なのは高校3年

February 13 [Sat], 2016, 12:00
受験生に最も大切なのは、高校3年間の授業を真面目に聞くことです。



高校受験で頑張ったあとなので、少しはラクをしたい人も多いでしょう。



しかし、一番効率のいい方法は、授業中に全て覚えるような気持ちで授業中に覚えようという気持ちで出席することです。

どうせ高校の授業は机に向かっていないといけないのですから、適当に過ごしていては時間がもったいないと思いませんか?そうすれば、かなり偏差値も上げることができますよ。



教科書や参考書にマーカーを引いていませんか?なぜなら、線を引いて色をつけただけで勉強した気になってしまっていませんか?復習の際にも、線の部分のみ覚えようとしますよね。線を引いていない部分にはなかなか目が行きづらいですよね。



教科書や参考書には、覚えなくてよい内容は一切書いてありません。一部分だけ覚えればいいわけではないのです。つまり、全内容をデコレーションするか、一切しないかのどちらかになりますよね。受験生は当然毎日勉強しますが、その勉強の前には、前の日の勉強内容を必ず復習してください。時間をかける必要はありませんし、本当に少しの時間で構いません。でも、その一瞬が大切で、見ると見ないでは記憶の保ちにとても差が出ます。まだ勉強したての部分なので、一瞬見ただけでもたいてい思い出せますよね。一つの内容について繰り返し思い出すことが、受験まで忘れない記憶を作ることに繋がります。大学のレベルの高さと有名企業への就職率はイコールではありません。



もちろん学部によってもピンキリですし、大学によって就職活動への熱の入れ具合も違います。



また、早慶などは企業の中で学閥ができ、一橋大など同レベルか上回る大学と比べても有利に就活が運べる場合もあります。最近ではさまざまな媒体で大学の就職ランキングが取り上げられていますので、会社員になるつもりの人はそれも踏まえて考えてみてはいかがでしょうか?部活で中心メンバーで活動していた人はスポーツ推薦はいかがでしょうか?大会で良い成績であることなど実績が必要ですが、他の受験システムよりも入学しやすいのが特徴です。







大学でもそのスポーツを続ければ今までの経験が生かせ、充実した大学生活を送れるでしょう。







スポーツが好きで勉強が苦手な人は最初からスポーツ推薦を目標にスポーツ推薦を視野に選んでもいいかもしれません。





大学受験では、指定校推薦も狙い目です。

指定校推薦では、高校によってはレベルの高い大学の枠でも誰も希望せずに余っている場合があります。しかし、余っているなら受けようかなと思い立っても評定平均が基準に達していなければ推薦を受けることはできません。あとから後悔しないために、高校1年のうちからだいたいの志望校を決めて、自分の高校の推薦枠は例年余っているかどうかなど高校の先生に聞いたりして調べておくことが大切です。

受験生にとって、スマホやインターネットはNGです。現代人は知らず知らずのうちにスマホ中毒になってしまっています。







あなたは一日何時間スマホを使っていますか?一日の時間をまとめると2〜3時間以上は見ていませんか?それを止めて勉強時間を増やせたら、一週間で最低15時間は勉強時間が確保できます。







15時間もあれば、苦手分野を何周も復習することができますね。







参考書売り場で大学受験の問題集を見て回り、たくさん買い込みはしたものの、なかなか全部は読めない・解けない…という経験ありませんか?大学受験対策としては何冊もやれば良いというのではなく、例え1冊でも、その1冊だけを繰り返し何度も解くことが大切です。

3周は最低やるべきですし、まだまだ不安な場合はさらに増やすべきです。最初の1冊を完璧にマスターして初めて初めて次の本を解くことにしましょう。

もちろん2冊目も、覚えるまで何周でも解くのをオススメします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココネ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/egavllenerifit/index1_0.rdf