べえ師匠でコーカサスオオカブト

March 21 [Wed], 2018, 14:45
株に不慣れであるのなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことを提案します。よくわからない確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をできるだけ減らして、かわりに、株取引のための情報を調べ回ることに時間を割くことができるからです。これから株を始めてみようと思って今のところはバーチャルの取引で楽しんでいます。
今のところ順調で、かなり大きく勝ち越しできているのですが、いざ本当の株の取引になると簡単にいかないような気がします。それでも、この株のバーチャルで得た感覚というのを大事にして、今年中には株の取引をしようと考えています。皆そうだと思いますが、私は株に着手したころ、初心者でチャートの読み方が、判然としませんでした。

依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」という見方があり、それを目安にしています。


それでも、今でもたまに間違えてしまう時もあります。株式を売却したことにより、利益が出た際の税金は申告分離課税が原則となりますが、証券会社で開いた特定口座での取引の場合は本人の代理で、その都度、20%の税金を源泉徴収してもらえます。
確定申告の手間がない便利なシステムですが、損失繰越などをする際には確定申告は必要なのです。



株を始めた初心者であったとしても利益を出せるコツというのは、じっくり待つことです。

気をつけて見ていた銘柄が急騰しているといって追い立てられるように買い付けしてしまうと大概は高値掴みということになります。

高騰している理由はなんなのだろうか、株の買いが過熱してしまっているのではないかと買い付ける前に分析をし直して冷静に行動しましょう。
株式投資初心者に是非とも忘れてほしくない言葉にキャピタルゲインとインカムゲインがございます。株で利潤を得るにはこの二個の言葉を覚えておいてください。

キャピタルゲインは株の売買で生じるマージンのことです。



例えると、1万円で買った株式を2万円で売り渡せば、1万円の利得がキャピタルゲインになるのです。



自分が持っている株がここしばらくは、すごく激しく上下しているので、下がるかもしれない株、儲かるかもしれない株を自分の目で判断をし、売り買いをしたりしています。ときどき失敗して、マイナスとなることもありますが、今のところとりあえずは、プラス収支になっています。
今のまま、プラスで売り抜けられたら喜ばしいことです。投資のビギナーが株を始めたいと思いついたときは、できる限りリスクが少ない資産運用の方法を検討する必要があります。



いきなり個別株の取引を始めるよりも、最初のうちは投資信託などから取引した方がよいかもしれません。また、少し取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式投資をスタートするとよいでしょう。

株式投資には細分化したやり方がありますが、その手だての一つがスキャルピングです。
株を購入してから売却するまでを、スキャルピングは、極めて短時間の数秒から数十秒の間に決済してしまう投資方法です。スキャルピングの利点は、株を保有している期間を、短時間に絞ることで、株価が下落するリスクを最小限のものに保つことができるという点にあります。

株式投資をする人の大半は購入している株をどのタイミングで売り抜けるかという点に頭を悩ませるかもしれないです。


でも、最も高いところで株式を売り抜くことはだいぶ難しいことなので、「頭と尻尾はくれてやれ」の心構えで売り抜けることができたらいいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuuma
読者になる
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる