絵画教室で子供たちが水彩画に挑戦

January 16 [Wed], 2013, 18:47

また、絵は描くだけでなく他の人の作品を見るのも良い勉強になります。ですから、もし絵画の才を伸ばしたいのなら、まったく別のもの、たとえば童話を読むとか音楽を聴くとか、数式やパズルを解くとか、何の枠にもこだわらず、当人が今一番やりたいと思うことを自由にチャレンジさせてあげることが必要だと思います。それに、絵を描くのは好きです。子供の興味のあることを探してあげるのも手ですね。様子見ながら美大予備校中学クラスに切り替えれば良いと思います。


私は前者の教室を運営しています。絵を描いたり、工作をしたり、大事なのは出来上がった作品ではなく…描いたり、造ったりしているその時間美術を通した創作活動…そのプロセスに大切な事がいっぱい詰まっています塾長の指導方法を習得したスタッフがお子様の指導にあたり、お子様への指導方針・授業内容などは全て塾長が担当しています。美大予備校は美大受験の為に物凄い気迫で絵を勉強する場所です。小学生限定のマンガ教室もよくあります。 お子様の興味を引き出すような、あらゆる材料に触れ、工夫を導き出します。


何年も浪人する生活は、金銭・精神的にもツラいですし、 作家として絵が描きたい場合は、デッサンをある程度習得したら、さっさと表現の世界に向かうベシ。絵画教室と言っても絵を描くだけでは、無いのではないでしょうか。しかし、例えば陸上のように、持って生まれた身体能力があったら出来てしまう単純な競技は、わざわざ学ばせる必要はないと思います。物事を結び付ける力は、つながり(関連性)を体感できる環境の中、感動する実体験を積み重ねることで養われます。人物デッサンなどがしたいなら、本格的に教えてくれる教室へ行ったほうが良いです。


なので、見学に行った時は両親が大人の目である程度の環境を確認した方が良いと思います。学校にも書写の時間はありますが、そこで学べることは非常に限られています。西洋もいいですが、日本の美術もしっかり紹介してあげてください。私が通っている道にある絵画教室はこの時期だったら、手作りの鯉幟とか、ピクニックに行って絵を描いたりとか、自画像あり何でもありでしたよ。アクリル画は油絵の様にも水彩画の様にも描くことができ、紙やキャンバスだけでなく、木、石、ガラスなど下地を選びません。

習い事専門サイト「エンジョイスクール」
でも、お子さんの要望にはできるだけ答えてあげましょう。勿論美大に入らなくとも絵の勉強はそれなりに出来ますから、芸術家になりたいというわけではないならば、あまり深く考えなくても良いと思います。油絵等の洋画と大きく異なる点は制作の手順にあります。もちろん、まれな話ですが、明るみになっていないだけで、そういった事実はあります。 帰宅後、家でも描く。


それは『自己肯定力』に繋がっていきます。絵画教室といっても、「絵の書き方を教える」所と「自由な発想を引き出す」ところがあると思います。単純計算すると、1枚制作12時間として、高校放課後5時〜7時に2時間ずつ。カワイ絵画造形教室では「子どもは生まれながらに個性的。-------------------------------------------------------------イラストレーターの教室はあまり聞いたことがありませんが・・・・・しかし画壇の中にイラストレーション部門があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oakawari
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/efu4irsm/index1_0.rdf