小野瀬だけどまほろ

June 02 [Thu], 2016, 3:17
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも良いと思います。ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なくはないと思います。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、普段の食事でもある程度の葉酸は補給できています。
皆さんは「妊娠したら、まず葉酸」という言葉をご存知ですか?近年、胎児の成長に重大な働きをもたらす葉酸に注目が集まっています。厚生労働省が推奨するように、妊娠における葉酸は大変重要な栄養素の一つです。それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天異常を発症する可能性があると知られています。また、ダウン症予防の有効性も認められているので、摂取をお勧めします。
妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は切り離して考えることは出来ません。その理由は、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。もちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を注意してください。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。ただ、総合的に言えば、様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的な食生活というのに変わりはありません。逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを、意識して摂るようにしている方も多いと思います。ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。
適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常の発症リスクが減少することが明らかになりました。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると報告されていますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。葉酸で血液が増産されると、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yua
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eftle75sgelfib/index1_0.rdf