妊娠の計画をされている方や妊娠初期

April 15 [Fri], 2016, 22:27
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんはご飯で摂取できる葉酸の値を意識してみてちょうだい。
通常のご飯での摂取とは別に、より数多くの葉酸を摂るよう厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。


葉酸を十分に摂取する事で、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

持ちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時はサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を忘れないようにしてちょうだい。
葉酸がもつはたらきは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働聞かけるため、厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。
葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。
ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。
しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。
葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてちょうだい。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。



葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを、意識して摂るようにしている方もいらっしゃると思います。


ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。
一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りていないかも知れません。


不妊の要因としては、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性由来の場合と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性の方の要因が挙げられるでしょう。ただ、原因をひとつに絞る考えは現実的ではありません。不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けることが、とても重要な意味をもつのです。


妊婦にとって、十分な葉酸を摂取する事で得られる効果には、多彩なものが認められています。



その中でも葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は忘れてはいけません。
こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取する事が良いでしょう例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には是非試してみてちょうだい。

葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりとふくまれているサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。
ピジョンが発売している葉酸サプリには幾つかの種類があります。



葉酸だけが入っている製品は少ないですが、その代わりに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できるのです。こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特質がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてちょうだいね。

妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。普段のご飯で得られる量では摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリで補給するのが簡単でしょう。
最近は、こうした不足しがちな成分を全て含有しているサプリが開発されています。


葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選ぶと、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。妊活とは、夫婦生活をふくめ、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は女性がやるものだという印象が強いかと思います。

ですが、男性側が実践できる妊活もあります。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんですね。不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。


男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。質の高い精子を作り、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も、葉酸の摂取という妊活をはじめてみてちょうだい。

妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において大変重要なはたらきをする栄養素が、葉酸です。

ママの体も赤ちゃんも、ともに元気であるように、葉酸サプリメントで補いながら、十分に葉酸を摂取するように心がけてちょうだい。理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日あたり葉酸0.4mgです。


さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。



葉酸は野菜に多くふくまれた成分ですが、ご飯だけで十分かというと大変だと思います。足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。


冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)は不妊を招くと言われています。
体温低下で血行不順になると摂取した栄養が上手に活用できなくなって、生殖機能が低下することに繋がります。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血液の循環を良くして自律神経に働聞かけ、ストレスを和らげる効果もあります。
冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Fuka
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/efn0tnferilfel/index1_0.rdf