小南で瀬谷

May 11 [Wed], 2016, 16:06
育児のために転職する看護師も少なくありません。

特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。子育ての期間だけ看護師を休業するという人も多いですが、育児にはお金が必要ですから、看護師の資格を利用できる別の仕事を探すことを勧めます。





あと、結婚するときに転職しようとする看護師もたくさんいます。



パートナーとすれ違って離婚するよりは、転職を考える方がいいと思います。いずれ育児をする気であれば、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職をしておくと生活に余裕ができますね。ストレスが多くあると子どもができづらくなってしまうので、要注意です。





自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくないです。看護師としての腕を上げることで、高収入を狙うこともできます。看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分に合う職場を探すことも大切でしょう。内科の外来が適しているという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。



ナースが仕事を変えよう思うときは、ネットの求人サービスを利用するのが便利です。

ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には載らない場合も多数あります。

しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談を依頼することも可能です。ナースが仕事を変えるキッカケとしては、キャリア開発としておくのが賢明です。





前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、それだけで評価を下げることになりかねません。要因として現にあったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、積極的な姿勢で求職していることを述べるようにして下さい。







ナースが仕事を変えるときに、立ち止まってしまうのが応募理由です。何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好印象となるように示すのはたやすくはありません。高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが採用条件で選んだと見られるよりは、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうがパスしやすくなるでしょう。看護師が転職しようとする理由は、人間関係のこじれという人がかなりの数います。



女性の多い職場ですし、イライラが溜まりやすいこともあって、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。その中には、パワハラ・いじめが転職する発端となる人も少なくありません。

辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、健康を害してしまいますので、すぐに転職した方が良いでしょう。



看護師が転職を考える時に、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。







けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。全然異なった職種だとしても、看護師の資格が良い方向に働く職場は少なくありません。



頑張って得ることのできた資格ですから、有効に使わないのは損をしますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:花梨
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/efienes3d9onni/index1_0.rdf