浅香だけど日向

June 26 [Sun], 2016, 16:30
普通、注射や採血は看護師が行うものです。好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、もし注射されるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にお願いしたいですよね。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。出産し、子育てを始めるとなるとどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。とは言え、近年においては再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例がじりじりと増えていっているようです。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。さて、看護師として長く働き続けると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自身の身体に関しても今の状態を把握しやすくなるようです。看護師として働くということは、イコール夜勤の仕事も含んでいるという場合が大半ですから、子供がいる看護師にしてみればかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供の就学前であれば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、つらいこと、大変なこともあります。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考えるようになってもおかしくありません。ちなみに、それほど激務でもないとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。ですが、どういった病院か、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Teru
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/efhesnkaveartb/index1_0.rdf