中古車査定をするうえでキズや凹みが目立ってしまう

May 23 [Tue], 2017, 9:22
中古車査定をするうえで、キズや凹みが目立ってしまうと査定額がダウンするのは避けられませんね。
目立つ傷や凹みがあったとしても、素人が自己判断で勝手に直すことは止めた方が良いでしょう。
修理の腕に長けていなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしても専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。
しかし、査定に出す前に修理に出すのが良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。
修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。
溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。
どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。
それに、買取業者側が今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが一般的ですから、交換した甲斐がありません。
つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はたいしたものではありません。
タイヤを新品に替えたとしても得することはほとんどないでしょう。
業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。
減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。
かといって車の価値がゼロ円だのといったことではないので安心してください。
過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

「賃貸暮らし」のメリット・デメリット 住宅を購入する必要は? - ライブドア ...

賃貸暮らしのメリットとデメリットを夕刊フジが伝えている。日本には借地借家法があり、借り手にかなり有利な法律だという。家賃は安くはないが、工夫さえすれば安く借り (続きを読む)