吉本が実

May 30 [Mon], 2016, 14:14
介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。

特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も仕事の一つです。



予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、人手の少ない夜間に限ってナースコールに何度も応答することになったり等々、気の休まる時間はないくらい忙しい日もあるでしょう。
皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。
介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。しかし、近頃では介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。
過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが絶対条件です。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。

定員が少なく倍率が高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って勉強する人もいます。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

最近では男性も増えていますが、女性が介護士として働いた場合、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。それが理由なのかはわかりませんが、着飾った人が多く見受けられます。そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあり、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」と聞くことがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのが最も理想的であろうと感じます。
あなたは「介護士」と聞くとどのような印象を受けますか?白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。ですが、介護士の現状はというと、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の介護士も多くいるのです。
たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。

看護士も介護士も、読みは二つとも一緒ですがそれぞれ漢字表記にすると、どちらかで書き表されます。
過去には看護士と書くと男性を、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。
でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な介護士の呼び名に一本化されました。
一昔も二昔も前の話になりますが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に介護士という仕事はイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できることを、知らない人はあまりいないはずです。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。
介護士の給料と言えば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。


要するに介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。学校卒業後、ずっと同じ介護施設で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、介護士というのはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。



とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。介護士をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子持ちの介護士からすると大変な懸念事項となっています。
未就学児であれば、24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。

そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も多くいるということです。勤務や休みをある程度自由にすることができ、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを割と選べる、といったあたりが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。
仕事は、単発のものや短期のもの、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。


ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣で働いてみることも一応考えてみながら職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。


夜勤シフトもあって、介護士の勤務時間は一定しません。



規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの介護士が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。
結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないとそもそも夜勤などはできないものです。しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりもう一度介護士として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。シフトの具合によっては仕方がないとしても、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

なので、小さな子供がいる人でもそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。


子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。


なお他業種同様、8時間勤務が基本です。介護士が働ける場所というのは確かに介護施設が多いですが、他にもあります。



それはどこかというと、介護施設です。

そのうちのグループホームでも特に介護士は重宝されているのです。グループホームで生活しているのは、基本的に認知症の方ばかりなので、特別な配慮が必要となってきます。介護方面に興味のある介護士はグループホームに就職するという選択肢も考えてみると良いでしょう。

仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、介護士の世界にもそれはたくさんあり、例として「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。



食事のために休憩するということを勤務している他の人に知ってもらうために使用している現場は多いようです。



ところで、エッセンという言葉ですがこれは、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残って今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。



学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。
そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。
頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。

でも、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが理解できて、いい勉強になったと思っています。介護士の仕事を選択する、重要な理由の一つに年収が高いということがあります。

働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。

そうはいっても、給料を多くもらうということは、その分、研鑽に励み、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。

勤務中の介護士というのは常に神経を使うことになりますし、そうこうしているうちに多くの介護士はストレスに悩まされます。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。

ストレスを和らげ、自らをケアする手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この先も長く続けたい場合は重要視した方が良いようです。
公務員介護士になるには、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。
実際、介護士の職業は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。

具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらはなによりも嬉しいメリットですよね。

妊娠している可能性のある介護士には、特に気を付けてほしい事としてする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。X線撮影やCT検査など、介護士が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、うっかりミスなどが無いようにしましょう。
それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。


仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。
多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると地位が高くなっていきます。

例えば、婦長といったらその役職も想像がつきやすいですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。
最近では、学生やパートの介護士も少なくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。

当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。
日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。
介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。



個人介護施設はどうなっているかというと、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。
公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。



新卒で勤め始めた新人介護士や、別の介護機関から転職してきたばかりの介護士に多いのですが、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。



残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、雇用された人の経験やスキルは関係なく法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。残業も完全に仕事のうちですから、労働した時間分はきっちり、手当として支払われなければなりません。


介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。


子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。
また、病棟勤務と違い、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは介護施設や、診療科によっても違います。激務で知られる介護士ですが、どんな時に介護士としてのやりがいを得られるかといえば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後になって、介護施設まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。それから、患者さんの家族の人たちにとても喜んでもらえた時など、介護士になって良かった、と実感します。

世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。
ですから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、多分介護士はもう辞めたい、などと考えてしまうはずです。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護士として役に立ちたいという考えを持った介護士の方が増えています。実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。


当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要不可欠なのです。もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。多くの介護士が持つ悩みといったら、不規則な休みでしょう。
平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。または、労働環境が過酷で簡単に休みが取れないという問題もあります。



こうした状態を変えたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。

介護士の仕事といっても、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。

ローテーション研修は他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。
また、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。

将来を考えるキッカケになりますから、新人介護士の意欲も湧いてきます。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、それぞれの介護士に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。課長職につく人物の収入が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。



他にも、公立介護施設と民間介護施設の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、例えば、公立介護施設の場合、大体750万円くらいになると見られています。介護士だった知人は、大病を患ってしまって退職したそうです。
でも、病気を治したら早速現場に戻って、介護施設で介護士として今も元気に働いています。ブランクがあっても、資格を取得しておけば復帰も早いと思います。
私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。


今、私は介護施設事務の仕事をしています。介護士さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですが毎日お忙しそうにしていますね。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。でも、私が思ったよりも柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。子供を連れてきている介護士さんが結構たくさんいたんですよ。先生達も、歓迎している様子でしたし、穏やかな雰囲気でよかったです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shun
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eesbscdmieamal/index1_0.rdf