ミーティアがキアシシギ

July 09 [Sat], 2016, 12:46
ほんの少し前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、昨今は徐々に男性介護士も増加しています。日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性介護士は重宝されます。給料の点からみると女性と変わらないのですが、産休や育休がないので、それだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。
昔はあまりメジャーではなかった介護士の能力評価に関して、これは多くの介護施設で行われるようになっています。



介護士個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか評価することを可能にするため、指標をはじめから作っていったところもあります。

そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、年に一度だけ、という介護施設もあるようです。
こうして定期的にどう評価されているか知ると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。
正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが大体の相場らしいです。

これを単純にパートの時給とみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、人の命に関わる責任の重さや心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、つくづく安い値段ではないでしょうか。介護士だった知人は、病気のために介護士を辞めました。

でも、病気を治したら復職して介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。


空白期間が出来ても、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。
私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような場合もあり、また、人事を担当する人の考えによって決められてしまうこともあるでしょう。人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、検討された結果であることがほとんどでしょう。


ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。
前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。そんな風に、職場復帰が可能かどうかについては、辞めた状況により変わってきます。

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。

こうしたケースは、実際にとても多いようです。



様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として復職を果たす、という人も増えてきています。



仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、別段、介護士が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についてもかなり深く理解できるようになるでしょう。
介護士という仕事に就いていると、他職種と比較して高いお給料をもらえます。


それが理由なのかはわかりませんが、着飾った人が多く見受けられます。

そうはいっても、介護士といえば大変多忙な仕事でもあります。働きづめの介護施設もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけと聞くことがあります。
収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのがベストな形だと思います。実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。
階級が高いものは、ほとんどの介護施設では看護部長や総介護士長がトップにあたります。
実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、信頼を得られるように努めることが大切なようです。

階級が高くなるほどに年収や待遇は良くなるでしょう。
総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護士の求人がある勤務先に実のところ、保育園が挙げられます。保育園に勤めるということで、子どもが好きであったり育児の経験がある介護士は、適任の職場だと言えます。



保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり園児の体調管理と共に、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。病気になって気落ちしていると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。覚える必要のある仕事やチェックを繰り返し、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。
なので、結果的に心を病んでしまうような介護士も少なくないそうです。介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。

ここのところ、介護士は足りていないと言えます。かつて介護士資格を取得したけれど、介護士の職を選択していない人も多いのです。介護士の不足の要因はというと結局のところ、介護士の離職率の高さにあると言えるでしょう。
それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。
女性の割合が多い仕事なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。

私の勤め先は介護施設の事務です。日常的に、仕事上で介護士の方と接することはあまりないのですが毎日お忙しそうにしていますね。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。


けれど、私の心配とは無縁に、柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。



なんと子供を連れてきている介護士さんが少なからずいらっしゃるんです。

先生達も、歓迎している様子でしたし、温かい雰囲気でした。



介護士がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、好意的な印象を与える仕事であると思います。



けれども、介護士の勤務の実情に着目してみれば、収入としては決して少なくはありませんが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている介護士も多数いるのです。

良い面だけを見るのではなく、本当のところ、介護士の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。

最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として介護士があります。
勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、ほとんどの場合、病棟に多くの介護士が必要になるので、まだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。
妻が子供が小さい時に介護士としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず困った事を覚えています。一般的に、介護士として勤務する人は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、結果的に離職率が高い仕事となっています。
加えて、働く時間帯がイレギュラーであることや、労働環境の大変さによって最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。
お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。

この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、介護士というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。

その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。



幸い、ネット上を少し見てみると介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどがたくさんありますから、そういったところを利用して最適の仕事先を見つけてください。例外もあるかもしれませんが、介護士として働いていると、勿論逃げ出したくなることも往々にして起こります。仕事自体で間違ってしまうことや時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。

先輩からの励ましや優しい言葉など、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。昔の話ですが、かつての介護士といったら女性が担うものというイメージがありました。
しかし最近の傾向は、介護士という名前も定着して、男性の介護士も珍しくなくなりました。現場で求められる介護士の能力を考えた場合、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。あまり知られていませんが、介護士で公務員になる方法があります。

それは国公立の介護機関で働くことです。


そもそも、介護士は専門的な知識が求められ、長期間働ける業種で人気なのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればこれ以上の安定性はないですよね。
安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。

社会が高齢化していることもあり、このところ次第に介護機関を利用する人口が増加しています。そうなってくると、医師と介護士ももっと多くの人手が必要とされているのですが、介護士が足りなくて困っている、という介護施設はたいへん多いのです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、求人募集がとても多いということでもあり、介護士にとっては、転職がやりやすいといった良い面もあるのです。

ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、もし容態が急に変わったら大事になりますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったこともすべて介護士の仕事となっております。

緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらい忙しい日もあるでしょう。
皆さんは介護士の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。

料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。けれども、近頃では少しずつ介護士の制服も変化してきており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。


単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうこともなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、こういったことも時代の流れなのでしょう。


一般的に、介護士の中には愛煙家が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。介護施設で働く職業上、煙や臭いをつけないよう、意識している介護士が少なくない様子が想像できますね。



夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える介護士ですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。


受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、しっかりと交代する介護士に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。簡単に済んでしまうようなケースもあるとはいえ、介護的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。


一般的に見て、介護士の給料というものは良いですが、実をいうと夜勤の手当に依るところが大きいことによって稼ぎが多くなるという現実があります。

ですので、ナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば日勤しかない職場に勤務するよりもできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。



当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の差は大きくなります。


介護士と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、勤務時間の問題もあります。

24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を志望する人が引きも切らないというのはやはり、デメリットに目をつぶることが可能なくらいメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接しなければいけないので、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。患者からどう見えているのかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。とはいえ、職場の環境や方針次第では、介護士の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。

休みを自由にとれて、したい仕事を割と選べる、といったあたりが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。



働く期間も様々で、単発、短期、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職を探すのも一つの手です。改めて言うまでもなく、介護関係の代表職である医師と介護士ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、薬を処方することが仕事とされています。



それに対して、介護士は、お医者さんに従い、医師が行う診療の補助を行い、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Takeshi
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる