平原がアリスイ

June 03 [Sat], 2017, 11:32
ここのところ、乳酸菌がアトピーをよくすることが明らかになってきました。実はアトピーの原因はいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされるケースもあります。アトピー患者の大体は腸内環境が整っていないため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。


母は深刻なアトピーです。



遺伝してしまったみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。
いつも肌がカサカサになって、毎日保湿を欠かすことができません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、何もままならないです。

母を憎んでも仕方ないですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。
便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口が臭くなります。



どれだけ食事のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を伝わって不要なものを排出しようとし、口臭として現れるのです。

この場合、便がでるようになると、口の臭いも同時に改善されると言われています。便秘を改善するのに効果的なものは、乳酸菌がふくまれたサプリメントです。腸内の環境を整えることは大事だとわかっていても、中々、乳酸菌が入った飲み物が苦手だという人も多数います。しかも、連日乳酸菌が含まれた食物を食べるのはたやすくありません、乳酸菌が入ったサプリメントなら、手軽にちゃんと乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘がよくなります。アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、改善できることもあるといいます。アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという抗体が生まれます。

そしてこのIgEという抗体があまりに多く作られてしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アレルギーが起こってしまうのです。これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。娘のインフルエンザ対策の接種に受診しました。
私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射をされています。予防接種の後は怖かったーと話していました。

見ているからなおさら怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も伝えれませんでした。

ところで、乳酸菌と聞いて連想されるのはカルピスですよね。


小さかったころから、よく、飲ませてもらってました。

なぜなら、乳酸菌が入っているからです。

私に毎朝、お母さんが出してくれました。そのため、私は便秘で苦しんだことがないのです。もしかしたら、カルピスを飲用していたおかげでとても身体が丈夫になりました。乳酸菌を体内にに入れると体には色んな効き目があります。まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、腸内の環境を良くします。

疫力アップにつながり、多くの健康効果を実感することが出来ます。
他にもアトピー性皮膚炎に対しても良い効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。



乳酸菌は体に対して健康にいい効果が高いと言われています。
近年の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきました。インフルエンザの症状をワクチンだけで全て防ぐことはできません。常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力のほうがアップして、インフルエンザを予防してくれたり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。お腹が便でパンパンになってしまった事って絶対に一生に一度は体験したことのある方ばかりだと思います。私もその一人で、大変な時は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。


便通を良くする薬もありますが、個人的にはを飲むのに抵抗があるので、ごく自然に排便を促してくれるオリゴ糖を摂取しています。


お通じの悩みを優しく改善してくれるのが安心ですね。便秘のツボでよく知られているのは、おへそから両側に指2本分程離れた場所で天枢(てんすう)です。



また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。


手首にも支溝と外関(がいかん)というつぼがございます。



便秘の種類それぞれで効果を得ることができるツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善につながるでしょう。いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃前後まで上がって調子が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。
結果、インフルエンザの検査が受けられますよと教えてくれました。


私も、もし、インフルエンザにかかっていたら、適したお薬を接種できるので、チェックしたいと考えました。
ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、かなりひどい見た目でした。

ありったけの方法を試してみても、効果が出なかったばかりか、別の場所に引っ越したところ、直ちに肌がきれいになり、我慢できない痒みもなくなりました。いっそ環境を変えてしまうのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。便秘に良い食べ物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食品などをさしています。
頑固な便秘の人は、便が固く腸内に溜まった状態に到達しています。
この状態を消えさせて、お通じを出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で整えるといいでしょう。1日の中で乳酸菌を摂る理想の時間ですが、決まった用法がないのです。商品のパッケージには適量と回数が、書いてあるところがありますから、それを基準にして下さい。
まとまった量を一度で摂るよりは、身体のすみずみまで届くということから効果を実感できます。最近、インフルエンザに罹らないようにするために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。

約1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというプログラムがありました。
私の子供が受験の時期だったので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。


乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効くそうです。

私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。昔から存在していたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、決まって私のお腹を守ってくれていました。「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンです。



普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。

屁による臭いの元は腸の悪玉菌によるものだとされています。


ですから、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を防止する効果があるといわれている乳酸菌を摂ることでおならの臭いを相当、減らせます。インフルエンザに感染したことがわかると学校などに5日間出席することができなくなります。インフルエンザに感染してしまったとしても、発熱の症状は2、3日で治まりますので、いきたくなってしまうかもしれません。平熱に戻っても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他の人にうつしてしまうこともありえます。
なので、お休み期間は守ることが集団感染を防ぐのに大切なことです。

実際、便秘になっても、薬に頼れば簡単に、解消できると思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。
特に食物繊維を豊富に含んだ食品を摂取すると効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維をあわせて摂るのが大切です。



後、野菜やきのこ類、海草類をどんどん食べましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒマリ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる