メディクリーンの特徴や口コミ

July 19 [Tue], 2016, 18:45
体温計などの医療器具で有名なオムロン(一般的な消費者には、体温計や血圧計、体重体組成計などの健康器具のメーカーとして広く知られていますね)が開発を行った電動歯ブラシ(ソニッケアやドルツ、ウルティマ、ブラウンなどが有名ですね)のメディクリーン。医療器具メーカー(固定のファンがいることもよくあります。どうしても製品や商品に特色、カラーが現れますよね)だけの事はあって、オーラルケア(目的に合わせた使い分けが必要になります)に適したさまざまな機能を備えているものです。何と言っても、最も特徴的なのは、ブラシヘッドの使い分けが出来る事でしょう。歯周ポケット(服のポケットに入るくらいコンパクトな製品をポケットサイズなんて表現します)まで届く長い毛で、歯垢を掻き出すダブルメリットブラックブラシ。歯垢除去に適した3種の植毛が施されたトリプルクリアブラシ。極細毛を大量に植毛した極細マイルドブラシ。そして、歯間などといった磨きづらい所も丁寧に磨く事が可能な隙間磨きブラシ。この4種のブラシが用意してあって、目的や用途に合わせて、つかい分けることができるようになりました。水が入ることで故障する電動歯ブラシ(乾電池式と充電式がありますが、一般的には充電式のものの方が評判が良いでしょう)も多いものですが、メディクリーンは本体と充電カバーの水洗いがオッケーなのも、大きな特徴といえるでしょう。そんなメディクリーン愛用者の声を拾ってみましたら、男女ともに奥歯までよく届き、磨きやすいという意見が多数見られます。それに、口の中で小回りが利く、口にフィットする、磨きやすい、使いやすい、心地良い、振動が細かい、静か、コンパクトで持ちやすい、軽いと言う使用感に関する満足度が非常に高いみたいです。ただ、残念なことに、故障が多いと言った意見もありました。特に、付属の充電池が、すぐにダメになると言った声が多いです。とはいえ、故障については他のメーカー(不良品などの問題が発生したら、製品を回収しなくてはいけませんよね)の電動歯ブラシ(電気で動く歯ブラシは、手で磨くよりも歯垢を除去できるといわれています)の口コミでもみかけますし、メディクリーンの場合だと、充電池を交換すれば、その後は問題なく使用できますね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユナ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eeomhenvproeht/index1_0.rdf