キョウジョシギでみったん

January 18 [Mon], 2016, 23:49

興信所が作成する調査報告書は、書式は一定ではないようです。




それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、なんでも証拠になるというわけではないので、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書でないと困りますよね。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社を選ぶようにすると良いでしょう。自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。


経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠をちゃんとつかめます。




自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚できません。




そのため、確実な証拠というものが必要になります。よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、相手の言動を否定しないこと。


要望やお願いはいっぱいありますが、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。





男のひとの矜持だとかプライドは尊重し、身仕舞いに気をつけ、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないように思います。


いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。



やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。


少し手間でもネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミを見ることができると思います。



地域性もある仕事ですから、地元近辺で総合評価が良い事業者を選び、相談を持ちかけてみれば、あとは業者に任せるだけで済み、不倫の証拠収集も期待できるはずです。日頃、相手の生活している様子を注意しながらみることは他人に頼まなくてもできますが、言い逃れのできないような浮気の証拠を手に入れるためには、その道のプロとして技術をもつ探偵に頼んだ方がトラブルの心配もなく、安心です。



そして、探偵に頼む場合、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。


興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、例えば配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、追尾対象の行動的にシロだったという事例です。





ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもないわけではなく、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておくのが大事です。





それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うことも、良い成果を得るためには重要です。洋服の好みが変化してきたら、怪しい兆候です。浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、ちょっとだとしてもセンスの良いところを見せようとしたりしている可能性も高いです。突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものを着るようになってきたら、非常に危険です。


その中でも特に、趣味の良い下着を着用しだしたら、浮気をしているかもしれません。探偵の浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。実費は交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査員の食事代が足されるケースもあるかもしれません。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、算出した費用です。調査にかかる時間が短いほど支払い額も安くなります。探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、そのままでいるより、電話したほうが絶対スッキリするはずです。所在地や取扱案件などの企業情報は、電車や雑誌の広告などでも見られます。



専属スタッフに相談すると、だいたいの費用の目安の仮見積もりを出してもらえます。初回見積り無料の業者さんも多いですから、納得いくまで考えてみると良いでしょう。あとから内容の変更も可能です。探偵が何もミスをしなくても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、浮気相手と会うのを控えたりして、証拠が揃わないこともあります。探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。


うまく行かなかったときの報酬についても、契約を交わす際に契約書に盛り込むことが必要なのです。



不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金を請求されたという事例もあります。


契約書を見てみると、まともな会社であれば、オプション発生時の条件が明記されていると思います。



だからこそしっかりと確認しなければいけません。


よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのもおろそかにしてはなりません。



当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、パートナーにしてみれば、信頼も人生設計もすべてが揺らぐのが不倫です。




信頼を裏切る浮気を放置するというのは不可能でしょう。



不倫の証拠収集というとすぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して不倫相手と連絡をとっている可能性があります。探偵業者を使って浮気調査をするなら、平均的な料金はあらかじめ調べておきたいものです。


依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者だってないわけではありませんから注意が必要です。




それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、よくわからない諸経費や天候割増など、追加料金で底上げした高額な請求をつきつけられることもありますから、追加料金の発生条件等も、しっかりチェックしておかなければなりません。



今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、今回が初めてというわけではないようです。入籍する前から幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気は男の甲斐性ですか。





それって限度があると思うんですよ。許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる自信もまったくないですし、いいかげん別れるしかないでしょう。個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をしてもらうことは不可能ですから、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、予期しなかったトラブルや金銭問題を招くおそれがあります。



あとになってガッカリすることがないように、ネットで情報を調べて、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽菜
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eemarnnaelgzii/index1_0.rdf