一般的に野菜の中でも葉酸が多いと言われている

April 22 [Fri], 2016, 10:49
一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。

妊娠後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。



とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をお奨めしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。流産を経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)しています。
ずっと欲しかったコドモでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊娠に向けて、準備を初めるようになりました。
妊娠に適した体になるように、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温があがって、冷え性を治すことが出来ました。自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。



妊活をおこなう場合、意識して欲しい事と言えば、やはりご飯の内容です。日頃から妊活をがんばっている方は、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという所以です。
ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんがゲンキに成長できるように備えておきましょう。

この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大事な栄養素と言えば、葉酸でしょう。
妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から新しい命がおなかの中で成長を初めています。


妊娠は授かり物です。実際に受胎した時、胎児の健やかな成長をサポートできるよう、妊活を初めている方は、なるべく早めに十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にかなりママ(英語ではマミーやマムなどと呼ぶことが多いかもしれません)にかなり適切な妊活だと言えますね。妊活中に、出来るだけ母体に良いご飯をしようと考える方にとって、日頃から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。


妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にかなり、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になるという事ですので、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働聞かける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。
細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。



この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、ご飯で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけて頂戴。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。野菜の中ではほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名になりますね。



葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けることが出来るという報告があるのです。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表し立ところによると、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。



また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリメントで不足分を補給しても良い選択だと思います。治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった婦人科面での要素と、造精機能や性機能の低下ないし障害があるといった男性由来のものとが挙げられるでしょう。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。
不妊対策をしたいと思ったら、男性、女性、両方が早めに検査を受けることが必要です。

おなかの中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。


ここで葉酸が大事な働きをするので、妊娠初期に葉酸が必要不可欠だと言われるのです。


葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴がありますからに、葉酸単体では無く、総合のサプリメントの摂取が効率的でしょう。ですが、総合サプリに多くの成分が含有してい立としても、その中でどのような成分が入ったものを選べばよいのか判断の基準がつかず、困ってしまうという方も居ますよね。


そうした場合、大手メーカーの粉ミルクの成分表を見て、総合サプリを選んでみることをおススメします。葉酸には、胎児の正常な発達をサポートをする働きがありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取がお勧めです。


サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。


葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食後三十分以内の摂取が理想的です。なぜならご飯で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。


一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますから、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。

皆様ご存知のように、妊娠中は葉酸だけに気を配れば良いのかと言うと、そうではありません。
葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数配合されたサプリを選びましょう。


具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。


ですからいま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけて頂戴。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Airi
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eelfhmewwoelor/index1_0.rdf