健一とアイラ

September 23 [Fri], 2016, 11:03
看護師の勉強をするための学校には一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安くカリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。職場にもよりますが、看護師の給料というのは、主に女性が担う一般の職に比べ、随分と高給です。特殊な、医療現場という場所での労働ですし、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか仕事の虫で、残業も苦にならない等々、そんな看護師なら確実に給料は、通常より相当、高いものとなっているはずです。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと働き手が足りていない現状が根拠として挙げられます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。常日頃、看護師とて奮闘していて、つらいこと、大変なこともあります。楽ができる病棟はどこだろう、と考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる診療科としては、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。ですが、どういった病院か、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、その一方で困難もまた様々なのです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。それから、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。それらを承知の上でなお、看護師になろうと目指そうとする人が大勢いるというのは、デメリットに目をつぶることが可能なくらい良い点がたくさんあるということなのでしょう。貴重な人材である看護師が必要とされている場はクリニックや病院の他にも存在します。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも看護師は必要とされています。このグループホームにいるのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、十分留意したうえで関わらなければなりません。介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、希望に沿った仕事を選べたりもする、等々が派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。単発の仕事あり、短期のものもあり、長期の仕事もむろんあります。なにしろ、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、今現在、仕事を探している人はできれば、派遣で働くということも考えて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が言えるようです。結婚が遅くなる人に多い理由は、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、自分の出世を考えて結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。ここ数年はますます看護師は不足気味です。看護師資格を持っているけれども、看護師の職を選択していない人も多いのです。看護師不足が起こる原因は看護師という職業の、離職率の高さによって起こっていると考えられます。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。大多数が女性の職場なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。不安や悩みを抱えている患者から見ると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。覚えておかなければいけない仕事やチェックを繰り返し、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプや趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。総じてキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。二交代制の病院勤務の一例を挙げると、休憩を挟むとは言っても、合計して16時間勤務となることもあるのです。こういった長時間労働の現実も一般的に、看護師の勤務というものが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。少し長く看護師をしてきておりますが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。働く看護師の休日に関してですが、クリニックや病院の勤務形態によって違っています。中でも3交代勤務の職場においては、シフトに沿っての仕事になりますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。一見大変そうなシフト勤務ですが、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます看護師の需要は高まり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、場合によっては、病院が内実に何歳以下だけを採用するとあらかじめ決めている場合もあります。中でも30代から看護師を始めた、という方の場合は厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。看護師は、患者と接する機会が多いため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに気を配っておきましょう。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。職場の環境によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを覚えておいた方が良いと思います。夜勤を含めた交代勤務が必須など多くの仕事がある看護師ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、しっかりと次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言程度で終わるケースも多いとはいうものの、患者の生死に関わる重要な情報についてはしっかりと申し送りする必要があります。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、園児や小学生などの母親をしながらであっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や不規則な勤務形態です。看護師の中には女性が多く、人間関係のもめごとが多い職場も実は多いのです。夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。転職し、環境の整った職場へ移るのも選択肢に入れておきましょう。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均収入なら明らかに看護師の方が多いです。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは多くが女性ですので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、その結果、離職率が高い割合を示しています。それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点ももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。かなり以前は、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できることを、知らない人はあまりいないはずです。というのも、看護師の得られる給料は、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。多くの方々と出会うことが出来る街コンですがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。しかし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって休日が合わないために結果として、破局、ということもままあるようです。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。大きく言うと、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。他方、看護師の場合は、医師に指示されたときに、診療面で医師の補助をしたり、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。給料は勤めている会社によって違うものですが、同じことが看護師にも言えます。大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入は違ったものになるでしょう。ですから、平均的な看護師の年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思います。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、転職率も同じように高い傾向があります。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども存在しているのです。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、もっと簡単に自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも一緒に活用することをお勧めします。看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面について分かっておく必要があります。まず第一に、術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、とても勉強になります。残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。パートとしては結構良いように思えますが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、つくづく安い値段ではないでしょうか。公務員と看護師を両立する方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。看護師は専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で人気なのですが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは魅力的ですよね。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。理由としては、仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで看護師にかかる負担が増え、勤務時間も長くなってしまい、休みを取ることも難しいのが現状です。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、看護師を退職する人も珍しくありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mizuki
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eelataivr71hph/index1_0.rdf