クレジット現金化換金率  

June 23 [Mon], 2014, 20:18


クレジットカードの預かり・買い取りといったような事もなく、簡単な手続きだけで日本全国どこでもご利用頂けます。
クレジットカードで現金化サービスは貸金とは違いますのでお間違いの無い様、お願いします。
現金化したお金(ショッピング利用額)の返済はご利用のカード会社のみとなります。


キャッシュバック方式の特徴は、オンラインでのクレジットカード決済方式が採用され、還元率に応じたお金が即口座に振り込まれ、後日その商品が送られてくることです。


日本列島の9割以上はいわゆる農村部です。
住んでいる場所の分け隔てなく利用できるクレジットカード現金化は、これからも全国対応を武器に利用者を拡大していくことでしょう。


ショッピング枠現金化を利用する時、まったく業者を比較せずに適当な会社を選ぶということはほとんどないと思います。
なぜなら、業者によって還元率も、決済までのシステムも異なるからです。
自分が選んだ業者よりも高い還元率の業者があれば、そちらの方がよかったと後から後悔してしまいますよね。
しかし、ショッピング枠現金化というシステムを知らず、駅前などで配られたティッシュに記載された宣伝などを見て、消費者金融の一種と勘違いして利用する方もいるようです。
心に余裕があればインターネットで具体的に調べたりもできますが、お金がなくて焦っている時などは、上辺だけの宣伝に流されてしまい、あまり考えず契約してしまう場合もあります。
意図的に高利貸しを行っている業者の場合、あえて消費者を焦らすようなことを電話越しに言ってくるため、その場の雰囲気に流されて契約してしまったという方もいるでしょう。
現金化詐欺ではなくても、利益主義の強い業者では、利用者が焦っているとそこに付け込み、最終的な還元率を引き下げてくることがあります。
優良業者であれば、入金日やクレジットカードの種類によって還元率が下がるということはありません。
そのため、優良業者の公式サイトには還元率表(換金率表)があり、いくら利用すればいくら返ってくるのか、手数料以外の消費税の有無などもきちんと記載されています。
しかし、利用者によって還元率を引き下げるような業者の場合、還元率表があると「サイトに書かれていたことと違う」と突っ込まれる可能性があるので、還元率表を掲載いない場合が多いです。
また、最高還元率しか掲載しない、手数料に関する記述がないなど、情報の詳細を欠く場合も注意が必要です。
このような業者の場合、担当者が変わったり、時間をおいて再び電話したりすると、前回言われたことと話の内容がまったく変わることがあります。
電話するたびに還元率が変わるようなことがあれば、まったく信用ができませんので、すぐに電話を切って消費者センターに連絡しましょう。
商品を購入していないにも関わらず「キャンセル料がかかる」と脅してくるゆう場合も、悪徳業者といえます。
現在の現金化業界は、このような悪徳業者と、真っ当に商売をしている優良業者の乖離が進んでおり、サービスの質が悪い業者、情報公開を徹底していない業者は、初心者であってもすぐに見分けることができます。
公式サイトを確認しし少しでも違和感を覚えるようであれば、迷わず他の業者を選びましょう。


現金がすぐに欲しいという時、融資のスピード感に対する要望にはかなり切実なものがあります。
即日融資を謳う消費者金融は、審査に1分程度の時間しか必要としないという点を打ち出す事がありますが、これは機械審査にかかる時間です。
本審査は収入証明や詳細な身分証明書が必要とされる場合が多く、スピード融資も30分程度が最短で、審査に手間取れば最悪その日のうちに借り入れる事が難しいと考えておいた方が確実です。


以前現金化を経験した方は、申し込み時に指定された商品を購入するタイプだと思いますが、この商品買い取り型の現金化は今では少なくなっていて、最近の現金化はインターネットでのクレジットカード決済でのキャッシュバック方式が主流になっています。
と言いましても、形式的には以前とそれほど大きな違いはありませんが、現在のキャッシュバック方式の大きな違いは、申し込んで還元率などが決まると、即振り込みが実行される点です。


そこで現金化を申し込む際に低いほうの還元率を提示された場合は、それを少しでもアップするような話し合いをすることが実践的で、それが認められるかどうかは別として、一応は交渉をするのが賢い現金化だと言えるでしょう。
少しでも多くのお金が必要なのですから、このような交渉は決して恥ずかしいことではありません。


現金化の魅力を整理すると、1にスピード感、2に安心感、3に返済のしやすさという点が挙げられます。
この中で1のスピード感については、なぜ最短で5分という短い時間で現金化できるのかの秘密を解くのに、審査不必要という点が挙げられます。


そんなところに、カード現金化が即日融資を受けられる新しい方法として登場しました。
当時の現金化業者はショッピング枠を利用して購入した商品を転売して還元するという方法自体は現在と変わらないものの、店舗での営業が主で、広告を行っている媒体は主にスポーツ新聞でした。
三行広告の片隅に即日融資と謳うタイプの広告を多く出し、消費者金融の審査に受からない方が藁をもつかむ思いで店舗を訪ねるという形式です。


うまい話には裏があるという言葉もありますが、都合の良い部分のみを鵜呑みにし、悪い部分を把握しないことで、時に大きな損害をもたらすことも決して少なくはありません。
メリットと同じくデメリットも確実に把握し、ショッピング枠現金化の検討を行いましょう。