アレンとラッセル

May 22 [Tue], 2018, 12:54
ニキビを予防するために大切にしないといけないのは、菌がつかない環境をつくることです。
ファンデーションのパフに皮脂汚れが付けっぱなし、枕カバーを不潔にしている、手で直接肌に触るといったことは、顔に雑菌を塗っているのと同じです。常に清潔にいれるように意識していきましょう。

ニキビは誰もが素早く治してしまいたいものです。
早めにニキビを改善させていくためにも、いじらない事が肝心です。雑菌だらけの汚れた手で触ってしまうと、ニキビを悪化させてしまいますし、触りすぎてしまいますと肌が傷つくことになります。ニキビになりやすいとお悩みの方にはまず体質改善を図る事をお勧めします。ニキビのきっかけとしては甘味や脂質が多い食べ物を摂取する事が考えられます。それらを一切体内に取り入れないというのは大変ですが、野菜や発酵食品などを大量に体内に取り入れる事によって消化能力が好転し、体質改善をももたらします。


実際、ニキビは、ものすごく悩みます。

ニキビができる時期は、主に思春期となりますから、すごく気になって仕方のなかった方も多いと思われます。元々、予防していくことも大切ですが、医薬品で治療することも出来ます。薬屋に行き、薬剤師に聞いてみたりすると、自分に合う薬を教えてくれます。


ニキビが出来る理由は、ホルモンがたくさんですぎることなので、成長期にニキビが集中してしまうのです。ニキビを防ぐには豊富にあります。
その中の一つが、睡眠時間をきっちりと守る事です。


顔以外で、ニキビができやすいのはなんと背中なんです。
背中は自分で見えないので、背中にニキビができてしまっても、見つけられない場合が多いです。でも、背中のにきびでもきちんとケアをしなければ痕になってしまいますので、注意してください。未成年の頃、チョコレートやスナック菓子を多く食べると次の日にはニキビが見らえました。

食事がこのように関係するんだ、と認識したものです。以後、年齢を経て食べ物にも気を遣うようになり、チョコレートやスナック菓子などは食べるのをやめています。その効果かニキビもすっかり見られなくなりました。

ニキビに使用する薬は、様々です。

勿論、ニキビ専用の薬の方が効果的です。

しかし、軽いニキビだったとしたら、、オロナインを使用する事も出来ます。ちゃんと、効能・効果の所に吹出物ややけど、ひび等と一緒に、書いてあります。
ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を何人かで共有していたり、直接肌が接触してそのまま洗わずにいたりすると、他の人のニキビがうつる可能性も少なくありません。また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳を過ぎた人はニキビとは言わないななんて言う人もいます。つい先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、バカにされました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亮太
読者になる
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる