お茶を飲みながら互いのことを知る 

April 23 [Sat], 2011, 15:36
仕事外でもコミュニケーションが増えて互いの理解が深まるにつれ、患者ケアをめぐって何かぶつかるようなことがあっても、互いに納得して助け合うことができるようになったとのことである。

病棟でも、余裕があるときには、準夜勤と深夜勤の交替時間に、医師が休憩室でお茶をいれて看護師を待つこともあったという。

これは、別に医師が気をつかってのことではなく、お茶を飲みながら互いのことを知るためだそうだ。

また、別のブログ筆者は、普段コ・メディカルスタッフといっしょに休憩室のお菓子をつまんでいるからと、自身も出張時にはお土産を持って帰るとのことだ。

また、忘年会などいろいろな部署からのお誘いは、「歓迎されているのだから」と、なるべく参加するようにしているという。

とくに女性が多い職場の場合、同じ女性同士だからこそ理解・協力し合えることもある。

永田診療所

子供のカルテ 

April 23 [Sat], 2011, 10:45
子供が小さいときはパックツアーは避ける。

子供が小さいときは、子供の急病などで出張を急遽変更せざるをえないことも多い。

費用を抑えるためにパックツアーを利用しがちだが、ホテルや航空券の変更はむずかしく、キャンセルするとキャンセル料がかかるので、パックツアーは避けたほうがよい。

家庭用に子供の"カルテ"をつくっておく。

海外出張ですぐに帰れないときなど、家族全員の詳細な既往歴を書いた"カルテ"を準備する。

たとえば、留守をする家族に、子供が急病の場合、その"カルテ"をもって病院に行くよう予めたのんでおく。

「長女は熱を出すと1週間くらいは高熱が続く。次女は一重まぶたが二重になると軽度の脱水…」など、特有の症状も書いておくと、担当する医師にもわかってもらいやすい。

永田診療所

臨床疫学と生物統計学 

April 21 [Thu], 2011, 14:12
資格があることで、現在の医師としてのアイデンティティを保てるであろうし、また将来、自分のキャリアを証明する必要にせまられたときに役立つからである。

人生の岐路での進路を考えたとき、その時々の自分にあった優先順位を決め、選択してゆくべきであろう。

また、そのときには無理でもずっとあとで実現することもある。

実際に、子育ても終わって一段落したあと、大学院に籍をおいている先輩女性医師も多い。

日本の病院に勤務しながら外国の大学院に在籍しており、必要なコースを日本にいながらにしてインターネットを通じた遠隔地教育で学んでいる。

卒業の見通しは立っていないが、臨床疫学と生物統計学および統計ソフトの使い方を学んだことはさっそく現場で役に立っている。

人生や職歴は計画どおりには進まないように思えるかもしれないが、時機を選べば案外いろいろなことができるものである。

またそこから意外な展開もある。

困難な状況や環境ゆえに、時くれば乾いた砂地が水を吸い込むように知識を吸収できる。

永田診療所 神戸

第2神戸開港と対外関係および内政(永田診療所) 

April 18 [Mon], 2011, 13:05
盛大な1868年1月1日は慶応3年12月7日である。

すでに数日前から諸国艦隊は神戸沖に集結して開港式いた。

イギリス艦隊はケッペル提督乗船の旗艦ロドネイ号外隻、アメリカ艦隊はベル提督乗船のハーフォート号外5隻、そのほかにも外国汽船、日本汽船などが圧泊し、朝日の昇るとともに、外国艦船のマストには日章旗が掲げられ、正午を合図に21発の礼砲が発せられ、6甲山系にこだました。

陸上では各国領事官に国旗が掲げられ、海軍操練所のあとに建てられた運上所には、兵庫奉行柴田日向守以下が、各国公使と共々開港式を盛大に挙行し、互いに祝杯をかわしたのであった。

兵庫神戸の人々は、和洋折衷式の運上所にはめられた窓ガラスに、日光の反射するのをみて、"ビードロの家"といって讃嘆した。

ちょうどそのころ、天から神符が降るさわぎの最中であったので、老幼男女ともにエエジャナイカ、エエジャナイカと街を踊り歩き、たいへんな賑いを呈した。

こうして、神戸港は世界の港として第1歩を踏み出したのであった。

エエジャナイカ神符降下というのは、天照皇太神宮等の神符が天から降るというもので、何者かのたくらみであり、流行となって誰彼となくこの神符降下の企てに参加したものである。

徳川幕府を倒そうとする勤皇の志士たちが自分たちの運動をカムフラージュするためにやったのだという説もおこなわれている。

兵庫の町でも神符は降り、兵庫切戸町だけでも300余の神符が降り、神官を招き祝宴が開かれた。

これを『神戸開港3十年史」は次のように書いている。

「神官は招きを受けて期せざる収入を得、おもえらく"エエジャナイカ"と。

流行ここに至っては、神官のごとき、或は好事家、薄命者、みな1朝にして神符の散布者と変ず。

神符降下の盛んなる、またなんぞ怪しまん」

幕吏の開港の慶応3年12月7日から2日目の12月9日には王政復古逃亡の大号令が下った。

岩倉・大久保らによるクーデターだといわれるものだが、ここに政権が完全に交替したわけである。

これによって兵庫・神戸の幕府直轄地は今や幕府の手を離れることになった。

神戸の歴史研究ゼミ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とんぼ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:兵庫県
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧