「格安スマホコンパクト」について調べてみた。まいたんのMVNO比較リサーチ結果

June 16 [Thu], 2016, 16:03
SIMロック解除が今年の5月から義務付けられます。これにより格安SIMがどんどん普及していくとみられます。現在ドコモやauなど大手キャリアのスマートフォンを使用している場合は、おそらく月々平均7,000円ほど、またはそれ以上の使用料が発生しているはずです。これが格安SIM・格安スマホになると、月額2,000円から4,000円ほどで済むようになります。格安スマホが世間に認知されるようになったきっかけはイオンの提供している「イオンスマホ」です。あまり多くは知られてないことだと思いますが、多数の格安SIMや格安スマホが使っているのはdocomoかAUの回線です。つまり、「格安なのは電波が悪いから」ではありません。ドコモ・AUを使用している時と全く同じレベルの電波の届き具合なんです。また、格安SIMでは契約期間が6ヶ月からと短く設定されているので、大手通信キャリアに多い2年間縛りに比べて自由度が高いのもポイントです。データ専用SIMの場合なら、殆どどのMVNOでも縛り期間がありませんから、気軽に試せますね。格安SIMや格安スマホのにデメリットがあるとすれば、@docomoや@ezwebなどのキャリアメールが使えないという点かもしれません。良い点ばかりではありませんが、格安にスマホを持つ方法としては有効ではないでしょうか?








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:幹太
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eeiliveytnhelb/index1_0.rdf