看護師がコントロールする冬の病気

March 05 [Wed], 2014, 18:53
特に持病のある方は、ヒートショックの影響を受けやすくなります。
どちらも、抗ウィルス剤が存在しないため、治療方法は同じであるので行われないこともあります。
風邪は看護師が知っておきたい冬の病気ナンバーワンです。
看護師が知っておきたい冬の病気としても挙げられていますから、対応をしっかりと参考にしたいところです。
インフルエンザの疑いがあるときは早めに医療機関を受診することをおすすめします。
普通の風邪と、インフルエンザの違いをよく把握しておきましょう。
びっくりするデータですが、一年間に全国でヒートショックでなくなる方は1万人以上と推測されています。
考えられる病気に冬季うつ病があります。
発症すると多くは発熱、鼻汁などの症状が数日続くという、軽症ですみます。
冬は気温が下がるので、身体の冷えにによる腸の運動の低下が一つの原因です。
その時偶然回覧板を持って来た庭続きのお隣の方が、窓越しに苦しんでいる男性をみつけ、救急車の手配をして下さったとのことでした。
気管支喘息は緊急度を判別するのが非常に難しいです。
看護師として働く私は、毎日たくさんの患者さんに出会う機会があります。
看護師が知っておきたい冬の病気なぜなに
看護師が知っておきたい冬の病気あるある?
看護師が知っておきたい冬の病気Thinking
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eehajfia
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eehajfia/index1_0.rdf