フクロウで井田

May 23 [Wed], 2018, 14:57
不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。

早く赤ちゃんを望む周囲の期待や当事者ゆえの焦りなどが不妊治療とあいまってストレスになることもあり、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。

治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大事かもしれません。

妊娠初期は赤ちゃんの細胞形成にあたる大事な時期だと言われています。


そういった時期に葉酸不足になると赤ちゃんの先天性奇形率が上がると言われています。なので、妊娠を希望する女性であれば妊娠する前から意識的に葉酸の摂取が必要ですし、初期にもサプリで常に補うようになさってください。



妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、葉酸は妊婦さんに広く知られています。もし葉酸の摂取を始めるのであれば、妊娠の判定後では遅いのではないかという見方もあるわけです。どうしてかというと、判定が出る前のごく初期から葉酸を多く摂っておくことが胎児の発育にとって重要となるためです。

ですから、妊娠を考えたときから多めに葉酸を摂ることが子供のためには良いのです。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居ます。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため調理の際の加熱によって大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。調査の結果によると、女性の多数が、自分のことを冷え性だと認識しているということが分かっています。


冷えは妊活には禁物で、冷え性の改善ということも妊活において最も重要なことの一つです。



それに関連して、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。事実、これらの使用により冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと思われます。
妊娠したいと考えて妊活を始めた時点から葉酸を摂るようにする事が望ましいといわれています。お腹に子どもが出来る前に体の中に十分な量の葉酸が蓄えられている事がお腹の中の胎児の先天性奇形の予防において効果的です。もちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が重要です。葉酸は厚生労働省が公の指定で、妊娠の初めに妊婦が摂取する事が望ましいとされている栄養素です。妊娠を望む女性であれば妊娠前から、摂取し始める事でより役立ち胎児の先天性奇形の確率を減らすために関係してくるわけですね。

葉酸サプリメントで取ると毎日に必要な葉酸が摂れますから続けやすいですよね。少しずつ暑さが増してくると何気なく「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活時には、可能な限り体を冷やしてしまう飲み物を避けるほうがベターだと言えるでしょう。逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。
飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日頃から体を冷やさないように気を付けてください。母体内の胎児の発育を促し、先天性障害の危険性を低くするために、葉酸は所要量を毎日摂取したいビタミンだと最近よく耳にしますが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、食事から所要量を確保するのは大変なことが多いようです。

葉酸をどうやったら効率よく摂れるか、調理方法を勉強することも必要でしょうし、計画的に補うためにサプリメントなどを飲むのも積極的に考えて欲しいです。
現在、子供を授からず悩む夫婦は、夫婦の1割ほどです。
いざ、不妊治療にトライしようというときに、気になるのが費用が嵩むことです。中には自治体によっては、医療費を補助してくれる例もあるので、ぜひ使いましょう。市町村ごとに申込みの決まりが違いますから、住所を置いている都道府県のサイトなどを1度、確かめる必要があります。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:莉心
読者になる
2018年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる