まみとサンコウチョウ

February 29 [Mon], 2016, 14:44
FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。

投資をしていれば否応なしにわかることですが、ダメージを受けずに利益だけ得られる状態はあり得ず、必ず損はします。

損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて大切なポイントとなるはずです。損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、作ったそれはとても大切な命綱ですから一貫して守るべきです。FX投資によって得た利益は課税対象ですから確定申告をしなければなりませんが、年間を通して利益を出せなかったときはする義務はありません。でも、FX投資を続けようと考えているなら、利益がなかったケースでも確定申告をする方がいいです。確定申告をしておくと、損失の繰越控除が使えますから、最長で3年間、損してしまった分を通算できます。
株式投資とは違い24時間いつでも取引を行えるのはFX投資の数多いメリットの一つですが、それでも特によく相場が動く時間帯はあります。

世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本では大体21時〜午前2時の間あたりは活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、相当の注意を払っておくべきです。
重要な経済指標の発表日は知っておくのがセオリーです。


あまたFX業者は営業してますから、口座開設をどの業者で行うのかをしっかりと比較検討してください。


FXのための口座を開くのは言うほど苦労のいるものではありませんが、数多く口座開設すると口座の切り盛りが難しいです。いちから口座を設けるとキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、利用者本人にぴったりのFX業者をセレクトしましょう。



外国為替証拠金取引の投資を開始する時には、FX口座をどこへ頼むかで、迷うこともなきにしもあらずです。外国為替証拠金取引会社を選定するのは、利益を大きな影響を与えるくらい必要です。

まず、取引に生じる料金が、安価であれば安価なほど利益が大きくなると言えます。スプレッドが狭い、取引することができる通貨が多い、約定力が高い、取引することができる単位が小さい、操作力が優れている等も外国為替証拠金取引会社選びのポイントです。
FX投資で負けがこむと、その負けを取り返すために余計お金を使ってしまう人もたくさんいるものです。そうすると、結局、大きな損失に繋がってしまう可能性もあるので、FX口座には、必要最低限以上のお金を入れないように気をつけましょう。それは、口座に余分な預貯金のお金まで入れておくと、まだまだ余裕はあるなと考えてつぎ込んでしまう可能性は否定できないからなのです。FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。
シミュレーションですから仮に大きな失敗をしたとしても損が出ることはなく、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。

性急に手持ち金を注ぎ込んでFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、FX業者をどこにするか選択次第で金額は違ってくるわけです。

具体的な金額としては100円の業者があったり5万円あるいは10万円という会社も稀ではありません。さらに、最小取引単位についても業者によって違います。


1000通貨のところもありその10倍の10000通貨の業者もありまして、FXの経験がない、全くの初心者の場合は迷わず1000通貨単位にしておけば大きな間違いはなさそうです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フウマ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる