葉酸は重要なビタミンの一種で妊娠

March 01 [Wed], 2017, 18:53
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、血液を作る作用があります。



この作用は妊娠にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、妊娠しやすい状態を創り出すので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。造血作用で血液が増えることで、酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能そのものが底上げされ、妊娠しやすい体創りができるのです。妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠中には葉酸以外にも多彩な栄養素が不足しがちです。

また、妊娠時には多彩な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を複数入ったサプリがオススメです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働聞かけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの摂取をオススメします。



みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?ママの体もあかちゃんも、供にげんきであるように、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸不足に陥らないようにしてください。



理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするととても大変なので、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。不妊の要因としては、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが考えられるでしょう。更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査をうけると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。

なので、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。
ですが、どれだけ大切な栄養素でも、摂取すればするほど良いなんてことはありませんから、適切な摂取量を守るようにしてください。中でもサプリはご飯で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸が配合されています。



なので葉酸の過剰摂取にならないよう、決められた用法と容量を必ず守ってください。

実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。
胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、話を切り出しづらくて、まず、排卵周期をしる「タイミング療法」でトライしてみました。月イチで3000円弱なので家計に影響ないところはよいのですが、即、妊娠できるというわけでもなく、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、服用後2か月にはあかちゃんを授かる事が出来てて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛の摂取を心がけてください。なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、健康的な卵子を成熟させるのに、大変重要な役割を果たしている事が分かったからです。

このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。
妊活中の男性にも効果があります。

それは、亜鉛の摂取によって質の高い精子を造ることを手助けしてくれるというわけです。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取にとり組む事を始めてみるのが良いと思います。妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。結果的に、摂取量が足りていないかもしれません。



妊婦さんにとって葉酸が大切だという話を耳にすることが増えてきました。

葉酸は胎児の健やかな成長を促すために重要なはたらきをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸には、細胞分裂を促すはたらきがある事が分かっていますから、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害などを発症するリスクが高まると知られています。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、ぜひ、葉酸の摂取を心がけてください。
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下することにつながります。

古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。お灸は緊張をほぐして血行を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

あかちゃんを授かっている時はもちろん、それかつての妊活期間からの摂取が望ましい葉酸は、日々の生活に追われていると、十分な摂取が出来なかった、という事もあります。



葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。


普段の食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段のご飯で十分に摂取できているのか不安な方も心配の必要が無くなります。



不妊かなと思ったときには、基礎体温計測から始めてみましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば女性の体の状態がある程度推測でき、不妊治療の大事なきっかけになるのです。
さて、基礎体温表を作るにあたっては、経過をみるために「毎日」、活動量の影響をうけない「起床時すぐ」に測るという決まりがあるので、きちんと守っていくことが大事です。
最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。

多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。
それは不眠症や食欲不振や吐き気、向くみなどの症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。

そのため過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。

一番理想的なのは、バランスのとれたご飯による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良いご飯を準備するのも難しいと思います。
そうした時に簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。サプリメントは、葉酸の摂取量が簡単に管理できますので、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には是非試して貰いたいですね。



妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。


とりわけて先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は忘れてはいけません。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが大切だと思います。たとえば、葉酸のサプリならば摂取がそこまで負担にはなりませんので良い方法ではないでしょうか。大きくなってきたオナカを見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。



あかちゃんがほしいと思い始めてから2年。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、お友達知人が妊娠したという話を聞くたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
検査は夫婦二人ともうけましたが、原因は私の方にありました。

排卵誘発剤の処方をうけると、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早くあかちゃんを授かる事が出来てました。


ストレスも原因だったのかなと思います。


早めに診察を受けるべきでしたね。

友達と話していたら、葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが良いんじゃないかと考えているようでした。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、あかちゃんにも良いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。


友達には悲しんでほしくないですし、おなかのあかちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと応援しています。

あかちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導をうける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導をうけた方も多いでしょう。

このような場で、葉酸があかちゃんに与えるはたらきと、葉酸が多くふくまれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないかと思います。



一般的に、葉酸を多くふくむ代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来るでしょう。



あるいは、野菜も代表の一つですね。食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはりご飯で摂る事です。葉酸が多くふくまれている食品を挙げてみますと、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。

このように葉酸を多くふくむ食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ませられますね。むかし流産しています。

その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、また、妊娠にむけて前むきな気持ちを持てるようになり、妊活を始めました。今度の妊活では体づくりにも注意しました。


冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)で体の調子を整えることにしました。
結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、冷え性が改善したんです。不妊がつづく状態を打破するために、食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)を見なおしてみるのは大切だと思います。両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)が良くないのを放置していると、卵子や精子の活発さは、望めません。



妊娠を望むなら、始めに体創りです。

栄養バランスの良い食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)を大事にしていくといいでしょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ココナ
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる