ジャノメチョウでおみんちゅ

August 14 [Mon], 2017, 19:30
酵素ダイエットでちゃんとした成果を出したいなら、プチ断食も併用しての効果を狙うほうが効果を得やすいです。

ファスティングダイエットという名称なのですが、方法は、食事を酵素という飲み物に置き換えるだけで、数日間だけ、プチ断食して我慢するだけで大丈夫なのです。
しっかりと効果がわかるように体重が減りますし、空腹だと思うこともないので、お勧めしたいイチオシのダイエット方法です。

基礎代謝が年齢とともに低下して、痩せづらくなってきた人にオススメなのが酵素を使った痩身法です。酵素を使用したダイエットの方法は、一日の食事のうち一食を酵素ドリンクに置きかえるというものです。
可能であるならば夕食を置き換えると、高い効果があるでしょう。寝ている間に酵素を補い、翌日の朝スッキリとした目覚めで一日を始めることができるはずです。

どんなダイエット方法でもそうですが、酵素ダイエットにおいても頑張りが反映されない時期がきます。
プチ断食で短期間のダイエットを考えているのであれば停滞期はこないでしょう。


もし、二食は普通に食事を摂る方法をしばらく続けていくつもりであれば、停滞期がくることは間違いありません。人間のしくみとして、体の状態をある一定のところで保とうとする機能がありますから、体重が落ちない時期がくるのは当たり前です。酵素ダイエット用としてよく使われているファイトピュアザイムが持っている特徴のひとつが、ひとつは熟成発酵させた植物エキスをたっぷりと使っていることといっていいでしょう。


果物や野菜などを数年熟成させ、そこから取り出される食物の発酵エキスを酵素として発酵に使っているため、たいへん栄養価も高くなっています。


クセが苦手と言われることもある酵素ですが、上手にハマった人の話を聞くと、割り方の工夫にこそ酵素ドリンクダイエットの楽しさがあるようです。飲みやすさ、おいしさを追究するのはもちろん、自分の好みに合ったアレンジをして、ウェブなどで味の情報交換をする楽しさは、料理コミュニティサイトのそれと同じでしょう。


炭酸水も良い割り下になります。
朝やおでかけ前に酵素ドリンクを飲む習慣がある人には、とくに良いでしょう。初めは甘味が欲しいかなと思う人もいるかもしれませんが、あとのさわやかさは炭酸水に優るものはないでしょう。甘味・カロリーなしの炭酸水はベジ・フルーツ系を問わず相性が良く、腹持ちが良いというおまけもあります。
でも、無性に『濃い味』が飲みたくなるときがありますよね。



それなら、豆乳が一押しです。豆乳の大豆食物繊維や脂肪分が酵素のクセをやわらげ、満腹感の維持にもつながります。

それに、大豆イソフラボンは美肌効果がありますから、ダイエット中の肌つやをキープするのにも役立ちます。

実際に、酵素ダイエットの回復食に適している食事は、お粥やみそ汁などの低カロリーで、胃に優しいものです。

当然のことですが、食事の量も考える必要があります。
加えて、ベビーフードも良いでしょう。市販のベビーフードを使えば、楽チンで、消化に良く、カロリーも抑えることができます。さらに、噛む回数を増やして時間を掛けて食べるようにしてください。断食を実行していて断食反応という嫌な症状が出た場合の対処法は、酵素ドリンクをちょっとずつ飲む、塩を舐めてみたり、薄いおかゆを食べるなどです。酵素ドリンクを飲むと血糖値が上がり、体の不調がなくなります。また、最初から酵素ドリンクを飲みながら断食を実行すれば、断食反応は起きにくくなるでしょう。


短期間で酵素ダイエットを行うのであれば、その間だけでも、コーヒーを摂取するのは控えましょう。



それ以外でもカフェインを摂ってしまうような飲み物は、普段でも飲み過ぎは良くないのに、プチ断食中の胃にはさらに良くないものですから、酵素ドリンクの栄養分が体内で吸収されるのが、阻害する可能性もあります。その結果、酵素ダイエットが失敗しやすくなってしまいますから、万が一、コーヒーを飲む時には、ノンカフェインの商品を飲めば問題ありません。

多数の酵素ドリンク利用者が体が内側から温かくなってくると答えています。



酵素には燃焼力を高める栄養成分が含まれているため、代謝が促進されて体温が上昇するのです。冷え症を解消したいという方に特におすすめで、毎日飲み続けていくことで体の中の巡りがよくなって、老廃物が体外に排出されて免疫力も上がります。酵素ドリンクを飲むなら、空腹時の方が体内に吸収されやすいので、朝起きてすぐか、食間などに飲むのがよい方法です。体の冷えが改善されてきたら、朝起きるのが辛くなくなります。ダイエットをするにあたり、あまりにも当然のことになりますが、例えば、酵素ダイエットのようなドリンクをメインにして行う時もしっかり水分を摂取することはとても大切なことです。できればカラダが受け入れやすいミネラルウォーターをスキマ時間など見つけて少しでも多く水分を摂り体内の水分が不足しないよう注意しましょう。お茶やコーヒーでも水分補給になると思われがちですが、それでは水分補給にはなりませんし、摂取した酵素がすぐになくなってしまうので、水もしくは白湯を飲むことを推奨します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる