子すずめ

August 22 [Wed], 2012, 19:26
休みを勤勉に過ごすべく昨日に引き続き、部分掃除流しとレンジ周りがピッカピッカじゃどうだ、いつもやれば、いつもピカピカじゃの、はずじゃー無理じゃー炎天下の中、郵便局で振り込み、コンビニでチケット発券、スーパーに寄って雑貨類と食品を少々帰る途中、一方通行の通りの真ん中にスズメがいる1羽はすぐに飛び立ち、もう1羽はずっと道の真ん中に座っているすぐ横に立って、どうしたしばらくしても飛び立たない。
あらら小さいわ。
やっちゃったね。
このままじゃ車に轢かれちゃうので植え込みの日陰に移そうとすると、飛び立った低空飛行ですぐ近くに止めてあったデイケアのバンの開いていたリアから飛び込んでのせてあった車いすのすぐ脇に着地。
おじさんが降りてきたので、すみませーん子スズメが上に戻れなくて、木陰に移そうとしたらそこに飛び込んじゃったおじさんが植え込みまで持って行ってワタシはとりあえずお水と見渡したがクーラーの室外機も無い。
すぐ向かい側で外壁塗装工の兄ちゃんたちがいたので事情を伝えたら材料の中からポリカップを手に外のホースのところへ走って行き水を入れてくれて生鰍ワでついてきた。
あー小さいわー口ばし黄色いし、とおじさんスーパーで正午の音楽が鳴っていたのを思い出しごめんねー昼時だよねといったら兄ちゃんはいいっすよ指からたらしたり、近くの葉を濡らしてみたけど完全に巣立ちしてない子が一度巣から落ちて枝に戻れないのは可哀想だけど、仕方ないかな。
おじさんやあん副業 ブログちゃん達も心配そうにのぞきこんでたけどすずめっこは座ったままだ。
野生だからね、と私も自分に言い聞かせた。
しばらくの間、離れて見ていたけど、猫のように親鳥が首をくわえて上に上がれるわけじゃなし、人間のにおいがついてしまっているし彼らはペットじゃない。
野鳥だ。
子供の時も同じような場面に遭遇したことを思い出した。
野生だしね、とお互い言い合ってやっとその場を離れた。
ウチではニコが食卓の上でツチコ体勢で怠惰を謳歌していた。
うんうん、生きていくのはニコも色々大変だよね。
買ってきた刺身がホットになってしまったけど熱い道のまん中より、きっと少しは良かったよってジュリに言い訳をした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ee4eclayky
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ee4eclayky/index1_0.rdf