インプラントは安心です

September 28 [Mon], 2015, 20:25

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。


どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。
混同されることの多いインプラントと差し歯。


何が違うのでしょうか。


読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。


歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、埋め込む所がないので使えません。では、インプラントの場合はどうでしょうか。インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくという手段もあります。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、インプラント以外の治療はできないという患者さんに最適な治療方法になります。
クウピナリマ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ee4acgp
読者になる
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ee4acgp/index1_0.rdf