読むという道具

May 31 [Tue], 2011, 5:56
CDが高い、だから買わない、売れない。なんとなくわかります。本も高い、だからブックオフ。これもわかります。まあブックオフにはずいぶんお世話になってます。CDもねと云う知人もいた。ともかくだが、眼も衰えてきた。にじむ、ぼやける、近くも遠くも見えやしない。文字を追うのがらい、節電は特にこたえる。電子書籍、、ブックリーダー、呼称も落ち着かないが、キンドル、ガラパゴスなんて端末で読む本のことね。あれが欲しい、噂に聞いているところでは便利な気がする。紙の本のようにめくることができ、画面は明るく、文字も拡大したりできるらしい。でも一冊に値する価格はまだそんなに安くないらしい。アメリカでは新刊クラスで$くらいだというから、かなり安いともいえる。キンドルでは万冊のカタログがあるという。グーグルがはじめたサービスでは万冊のカタログがあるという。パブリックドメインのものだけどね。知的所有権の切れている著作物がそんなに存在するというのもすごいね。こんなに読み物があるならとおもうけれど、もちろんこれはアメリカでしか買えない。日本では電子書籍化にしっかりしたスタンダードが構築されていないようで、ガラパゴスとか他のブックリーダーでも万冊くらいのカタログしかないようだ。これでは読みたいとおもう本があったりなかったり、まだ満足とはいえないかもしれない。価格の問題はというと、一冊¥前後という見方をすれば想像したほど高くはないともいえる。がしかし、対応するブックリーダーによってまちまちであったり、やっぱりちょっと高いんじゃないというような本もある。音楽配信のようなホボ基準がない。こいはまだまだ問題だ。一曲¥のようにしろとはいわないが、文庫本になっているような作品なら、せめて¥平均くらいで販売してほしい。ブックオフの¥とは云わないからさ。眼はどんどんしょぼしょぼする。早く満足いく品ぞろえと価格スタンダードが出来てほしい。便利だなとは思ってるんだからさ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ee3hyhw77e
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ee3hyhw77e/index1_0.rdf