銀行ローンで審査クリアー

March 01 [Fri], 2013, 18:17
銀行ローンで審査通過・低金利返済そろそろ車を買い換えたい。
免許を取った。
車が欲しい。
キャッシュで購入ができないとなると、銀行ローンを利用することを考えますね。
よく銀行系ローンと銘打ち、借り入れを誘導する会社もあります。
審査が甘いので、つい利用しがちです。

欲しいものが決まっている時、お金が必要と言う時には、焦ってそういう罠にかかってしまいがちです。
銀行ローンで、審査が厳しいということは、それだけ良い条件で借りれる・・・つまり返済金利率が低く設定されています。
車が欲しい・家が欲しい・教育費が欲しい。

いろんな目的での利用が可能なのは、フリーローンという商品です。
ネットショッピングで楽天市場を利用されている方ならご存知でしょう。

楽天ローンがそうです。
個人向けカードローンが金利6.9%から。
最大500万円までの借り入れが可能です。
さて、この金利はお得なのか?
比較的 低金利だと思います。

http://www.ahamsa.com/

電子マネーEdy(エディ)のチャージ

January 12 [Mon], 2009, 10:36
○電子マネーEdy(エディ)のチャージ(入金)方法

Edyとは、ICカードやおサイフケータイにチャージ(入金)して使うプリペイド型の電子マネーです。チャージ額がなければ買い物ができません。チャージする方法としては次のような方法があります。
・店頭レジでチャージ・・・・・am/pmサークルK、サンクス、ファミリーマート、ローソンなどのEdy加盟店
・Edyチャージャー(現金入金機)でチャージ・・・・・阪急オアシス、大丸ピーコック、関西スーパーなど
・クレジットカードからチャージ・・・・・UFJカード、DCカード、UCカード、MUFGカードなど
・口座からチャージ・・・・・SMBCダイレクト、みずほダイレクト、三菱東京UFJダイレクトなど

1つのEdy(おサイフケータイを含む)にチャージできる最大金額は、50,000円です。オンラインチャージは、1回の操作で3,000円から25,000円迄の1,000円単位。

○電子マネーEdy(エディ)の残高確認

Edyカード、おサイフケータイにチャージしてあるEdyの残高は、いろいろな方法で確認できます。
・支払い端末で残高照会
・Edyチャージャー(現金入金機)で残高照会
・情報端末で残高照会
・パソコンで残高照会
・おサイフケータイで残高照会

○電子マネーEdy(エディ)の気になる点

全国のコンビニやスーパーなどの店舗で使われて広がり、利用店舗が多いことが一番の売りのEdy。注意点もあります。
・クレジットカードを用いた場合のチャージの払い戻しや換金については、規約で制限されています。
・おサイフケータイの場合、携帯が水没・故障などした場合には、新機種へのチャージの移し替えを行ってくれます。携帯販売店へ持ち込んでください。

電子マネーEdy(エディ)の入手からチャージまで

January 12 [Mon], 2009, 10:34
電子マネー「Edy」(エディ)は耳にしたことがあると思います。決済端末から「シャリ〜ン!」という音がしたら、支払いが完了した合図。Edyは、コンビニやスーパーや、カラオケ、ゲームセンター、映画館などでの利用が広まってきており、便利です。ちなみに、この「Edy(エディ)」の名前の由来は、ユーロ(Euro)・ドル(Dollar)・円(Yen)各々の頭文字を取って、その次の第四の基軸通貨になって欲しいとの願いからつけたそうです。

「電子マネー」とは、硬貨や紙幣の代わりにデジタルデータで表現したもの。おサイフケータイの場合は、電子マネー「Edy」アプリをダウンロード&設定する、または最初からインストールされた携帯機種を購入します。現金要らずでお得な使い方ができるのです。店頭や自動販売機の読み取り機にICカードやおサイフケータイを決済端末にタッチするだけです。

電子マネーEdy(エディ)の入手方法ですが、Edyとは、ICカードやおサイフケータイにチャージ(入金)して使うプリペイド型の電子マネーです。利用箇所が増えてきており、現金感覚で使いやすいのです。とても簡単でしかもスピーディー。ビットワレット株式会社が提供する「電子マネー Edy(エディ)」の魅力は、使えるシーンが多いことです。

入手方法は、ICカードの場合は、クレジットカードやポイントカードなどの作成時にEdy機能付きのカード申し込みます。電子マネーEdy(エディ)は、店頭や自動販売機での支払い、インターネット上での決済に利用できます。クレジットカードや現金を使うことなく買い物ができたり、インターネット上の電子商取引の決済手段として使われます。タッチするだけなのでサイフを出したりお釣りを受け取ったりする手間が不要。

ジャパンネット銀行の口座維持手数料永久無料プラン

January 12 [Mon], 2009, 10:34
できれば、お金がかからずに利用できるほうが、使いやすいと思い、ジャパンネット銀行について調べてみました。トップページに「永久無料プラン」という字が見えたので、早速チェック。

普通は、毎月189円という維持手数料がいるらしいのですが、ジャパンネット銀行に普通口座がある場合、提携企業のサービスを2つ以上申し込むと無料になるそうです。無料プラン以外では、Yahooのネットバンキング決済連携サービスの利用、JNB-FXの利用登録でも無料になります。

頻繁にネットバンクを利用されるなら、口座維持手数料は気にする必要がなさそうです。このふたつは、月末までにそのサービスを利用すると、翌月の手数料が無料になるというもので、永久ではありません。

利用回数が少ない、と思われる方は、無料で使えるネットバンクの利用をお薦めします。ほかに、ローンの契約や、預貯金の残高(10万円以上)、口座からの振込みが2回以上など、取引状況に応じて無料になります。

ネットバンクの利用

January 12 [Mon], 2009, 10:33
インターネットの普及に伴い、窓口を持たないネット上でサービスが利用できるネットバンクが増えてきました。その一つが、口座維持手数料です。

ソニー銀行、イーバンク銀行などは、無料ですが、他行は、月額で手数料が必要になります。忙しい主婦やサラリーマンにとって、自宅や仕事場からでも、銀行で待つことなく、預貯金を取り扱えるサービスに利用者も増えていることでしょう。

どんどん便利になって、複雑になってきたように思います。それぞれの銀行によって、手数料も違いますので注意してくださいね。

最近では、大手銀行もネットでサービスを受けれるようにシステムを導入されているところがたくさんあります。しかし、たいていのネットバンクでは、口座維持手数料が無料になる条件というのがありますので、その条件がクリアできるのであれば、問題は無いと思います。

プリペイド型電子マネー「WebMoney」

January 12 [Mon], 2009, 10:32
私が、WebMoney(ウェブマネー) の存在を知ったのは、4,5年前だったと思います。使い方は、決済画面で、WebMoneyを選択し、プリペイド番号を入力する画面で、手元にある番号16桁を入力して決済します。オンラインゲームで遊んでいた時、ポイントアイテムの購入にクレジットカードや現金、銀行振り込み以外に、WebMoney を使えることで知りました。

ローソンなどですと、端末機から選択、コンビニによっては、カードみたいなのがぶら下げてあって、それをレジに持って行って購入する、というところもありました。ほかにも、アンケートに答えたり、コンテンツを利用することでポイントを貯めるお小遣いサイトでも、そのポイントをWebMoneyに交換できるということが、わかりました。ポイントを貯めないと、WebMoneyにできないのか、どうやったら手に入れられるのか、どうやって使うのか、安全性は?・・・と気になったことは、いろいろでした。

一度に全額使う必要が無く、メールを記載しておくと、利用残高という明細がメールで送られてきます。手に入れる方法は、コンビニやお店で購入する、もしくは、WebMoneyのサイトから購入する、あとは先ほどのポイントなどからの交換というのもありますね。3000円分のWebMoneyでも、小額利用できるので、子供がオンラインなどで何か、買いたいという時に、たまに利用させています。

「ふーん、ネット上で使えるお金だな」と、少し興味を煽られ、調べたことがありました。あと、口座開設、個人情報の入力などの必要がないので、ネットでも安心して使えるのではないでしょうか。

電子マネーカードやおサイフケータイ

January 12 [Mon], 2009, 10:31
JR東日本のSuica(スイカ)やJR西日本のICOCA(イコカ)といった交通会社系の電子マネーや、セブンプレミアムのnanaco(ナナコ)、イオンのwaon(ワオン)のように流通大手系の電子マネー、日本全国で最も多く利用できるEdy(エディ)、その他クレジット会社系の電子マネーなど、電子マネーの種類はかなり豊富になってきています。また駅の改札口で電子マネーカードやケータイを使っている方も増えています。クレジットカード支払いにしてカード会社のポイントを貯めるよりも、電子マネーでもらえるポイントの方が多い場合には電子マネーを使うようするようにするなどの使い分けをして楽しんでいます。

近所の大型スーパーでは電子マネーの普及に力を入れていて、対象商品の支払いに電子マネーを使うとポイントがついたり、一定額以上利用するとショップブランドの商品をプレゼントするキャンペーンをおこなっています。おサイフケータイ機能付き携帯電話を持っていなくても、電子マネーカードを利用することで、キャッシュレスでの支払いが可能になりますし、ポイントやプレゼントのキャンペーンにも参加することが出来ます。電子マネーとは、電子的なデータによって決算するのですが、前払い(チャージ)することによって提携店舗での支払いに使うことができるので、その点では金券やプリペイドカードに似ています。

電子マネーのチャージ方法は、店舗に設置してある現金入金機やレジでチャージしたり、クレジットカードからチャージできるサービスもあります。おサイフケータイ機能を持つ携帯電話の普及に伴い、スーパーやコンビニなどでも電子マネーを利用できる店が増えてきました。

私も今使っている携帯電話におサイフケータイ機能が付いているので使っていますがとても便利ですし、ショップによっては使用することでポイントがプレゼントされるキャンペーンをおこなっている場合もあり、現金支払いよりもお得な場面も多いです。家計節約のためにショップ毎のポイントカードを上手に利用している主婦だったり、小銭を持ち歩くとかさばるという方、コンビニでちょっと買い物をするのにクレジットカードを使うのはちょっと・・・と言った場合にも電子マネーは携帯性もよく、支払いの場面でもスマートに利用できるので、これからどんどん普及していくのではと思います。

電子マネーとは

January 12 [Mon], 2009, 10:30
電子マネーって、最近よく聞きますよね。最近ニュースなどでも大きく取り上げられる事も多いですね。この「おさいふケータイ」の使い方は「Edy」という電子マネーを登録することで携帯電話を財布代わりにして便利に買い物が出来るようになります。

電子マネーは、いま世界中が最も注目を集めている情報のだといえますね。この電子マネーとはいったいなんなのでしょう?電子マネーとは、金銭と同様の価値を持つ電子情報によるお金の決済のことを言います。

もっとなじみのある言葉では「おさいふケータイ」と言われていますね。この電子情報によるお金の決済は、高い性能をもったICチップ搭載の専用のICカードか、またはICチップが埋め込まれている携帯電話をお財布がわとしてり活用するこなども出来てしまうすぐれもの。

気を付けて頂きたいのが、便利になるとはいえ、実際には犯罪なども多発しており利用になられる時は、クレジットカードやキャッシュカードなどのスキミングのような犯罪から防ぐための予防対策も必要になってきます。有名なところでは、suika(スイカ)edy(エディ)nanaco(ナナコ)waon(ワオン)などといったところでしょうかこのように、JR東日本をはじめとして、セブン&アイHLDGS、イオングループなどといった有名な大手の企業なども便利さに注目して先を争うように次々と電子マネーを出してきています。

P R