ふーみんでみにしげさん

December 21 [Wed], 2016, 13:09
看護師さんはハードワークですね。

過労死を避けるように気にかけた方がいいでしょう。

条件が希望に沿っていなければ職場を変えることを検討してください。

長期治療の必要な病気になれば、働くことも難しくなります。

ご自身の体は周囲の誰も守ってくれることはありません。

看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、医療経験を繰り返し、スキルアップするにはいろんな道筋があります。

現在の勤務先からもっと違う病院や医療施設などに転職というするのも方法の一つでしょう。

他にも、最新の技術とか幅広い知識を体得するために様々にある看護に関連の資格合格を目指すのもスキルをアップさせる手段です。

看護師の仕事に就くとすると、単に知識や技術のみではなく、「医療界で仕事をこなしていくんだ」というような固い意志が大事だと思います。

専門職ですから、OLなどに比べると高収入で、勤務先にも困らないでしょう。

ただ、日常ほとんど関わることのない人間の死と向き合わなければいけないからです。

看護師の業務に従事しながらお金の余裕を得たいと思ったら、パートなどの仕事があります。

仕事がない日を利用して他の仕事をする看護師は年ごとに増加する傾向がみられます。

副業のメリットは、暇な時間を有意義に使うことが出来て、全く関係のない仕事をすることで気晴らしにもなることです。

私が看護師になりたいと決意した志望動機は、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている人の助けになることに、看護師としてのやりがいを感じたためです。

私自身もその昔、入院した時、お医者さんや看護師さんに申し訳ないほどお世話になり、今後は、私も一人の看護師として、患者の手助けをしようと思うのです。

いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは重要である職務だといえるのです。

日頃、厳しい現場で看護の業務を行っている中では、様々な精神的な負担につぶされてしまうケースもあります。

常々、命に関係する仕事を行っているため、非常に強い緊張感にかられることも多く、ストレスを上手に解消する工夫をすることも重要です。

看護師って医療機関勤務で手堅そうな職業ですが、相当、ハードな仕事の割には給与はたいしたことはないです。

婦長クラスならともかく、多くの人は割にあわない額なのです。

安月給でイヤになり、辞める看護師も少数派ではありません。

看護師の役目で重要な事の一つに夜間勤務があるという事があります。

医療機関では夜間でも患者さんの病状が急変する事もよくあります。

それに備えるためにナースには夜中の勤務があるのです。

とはいえ、看護師にとって、夜間業務というのは健康を害しやすくなるため、、負担が多分にあります。

看護師が転職をしたいならしっかりと履歴書を書く必要性があります。

履歴書には、大切なポイントがいくつかあるのです。

第一に、写真については、三ヶ月以内に撮影した古くない写真を使用しましょう。

さらに、住所、氏名等の記入項目はより正確にしっかりと分かりやすく丁寧に書いていくことが大事です。

時として、看護師は非正規雇用でアルバイト、パートで労働することもあります。

その際、重要度が高いのが時給ではないでしょうか。

基本的に、パート、アルバイトの看護師は正規雇用と比較して給料が安いことがよくありますので、せめて時給を高くしてくれなければモチベーションが上がりません。

できることなら、高い時給が嬉しいですよね。

どんな仕事でも、業界用語があるものです。

仕事を円滑にこなしていくためといった理由で様々なその業界にしか通じない言葉が発展しています。

看護士でも同じようにその職にしか、使えない言葉が使用されています。

例を挙げると、心マは心臓マッサージ、ギネは婦人科、胸部の癌はマンマ、病院に泊り込みで治療をされる場合はアドミッションなど、多くの業界用語を利用しています。

看護師の年収は多いと思われている方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、看護師は夜勤がなければ収入を増やすことができませんから、低年収ということも少なくありません。

それにより、独身の時はシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再び就職する方も多いです。

私の友達の看護師が仕事をやめようかやめないかで迷っていると相談がありました。

今月彼女は結婚したのですが変則勤務で土日休みの夫と休日が合わないので、なかなか会えない生活が続く傾向があるようです。

子供も欲しいし、とはいえ、仕事を辞めるのは嫌だと追い込まれていました。

看護師の立場でだと仕事も育児もこなすのは中々、厳しい問題です。

病院で働きたいと考えていても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、色々な問題が生じてしまいます。

看護師と育児を同時にこなすのは個人の問題ではなくやはり、医療全ての課題として取り組むことが必要でしょう。

看護師の転職で大事なのが直接対談、いわゆる面接です。

面接の時に、看護師が頻繁に聞かれる事としては以前の勤務先での仕事の内容、以前の病院を辞めた理由、就職したら、この病院で何をしたいか、看護観などです。

これらの質問に、すぐに答えられるよう面接の前に準備しておいてください。

転職しようと思う看護師の志望動機には色々なものがあります。

最新の医療に触れ、より難度な医療技術を習得するとか、場数を多く踏むために、より専門的な病院に転職したいということもあるでしょう。

他には、結婚や出産などの生活環境の変化に合わせて転職せざるを得ないケースも多くあります。

それ以前は男の看護士に限って、士という文字を使用していました。

ですが、現在は男性のケースでも女性のケースでも、看護師の仕事をしていれば、師という漢字を付けるようになっています。

看護師と看護士の両方を使用していると、トラブルが発生する場合も考えられるので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。

病院や医療施設などで看護師が就業する時、その配属先は非常に重要なポイントです。

たとえ同じ病院の中でも割り当てられる診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。

もし、自分のやりたいことができる配属先なら問題が発生することはありませんが、不得意と考えている配属先だと配属先の仕事をこなせない可能性も考えられます。

退職金に関心を持っている看護師もいるでしょう。

退職金は、国立とか県立の病院であれば、金額が大きくなります。

その次に多く支払われるのは、大学病院でしょう。

小さいクリニックでは、退職手当は少ししか出ません。

夜間に勤務することが多いので、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、一般的に言えることは、規模が大きい医療機関の方が退職金などの待遇が良いでしょう。

そもそも、看護師というのは、病院などの医療機関でとても大切な役割を担当しています。

ですが、多くの病院や医療機関では看護師不足となっているのが現況となります。

医療現場では、看護師が不足しているという問題を基本的に解決はできておりません。

今後、たとえ少しでも早くこの問題を解決していく必要があると言えます。

ナースは病棟のドクターやナースと打ち上げをすることがあります。

病院は忙しいので、みんなが集まることはあまりありませんが、どうにか予定を合わせてナース飲み会に参加します。

仕事の悩みや愚痴などみんなで共感できるので、愚痴を思いっきり吐き出して宴は大盛り上がりです。

看護という業務は多岐にわたります。

たいていは、医師の診療が滞りなく運ぶようにサポートするのが主な業務内容ですが、また、患者さんのお世話や補助などがあるでしょう。

外来、入院病棟のどちらなのかによって、業務内容の方向性は様々です。

外来よりも入院病棟のほうが仕事量が多いので、とても負担が大きいでしょう。

看護師の仕事は、すごく重要で、病院や医療施設では必要不可欠ない担当領域を任せられています。

かなり責任重大な仕事ですし、夜勤というイレギュラーな勤務形態により睡眠時間が足りない看護師が少なくありません。

看護師の仕事には健康管理にも気を付けることが重要な問題だといえるのです。

辞めたいと思っている看護師は、現実には、かなりの数になるようです。

最大の理由としては、きつすぎる労働で体調が悪くなってしまったり、給料のことで不満を抱えていたり、仕事場のややこしい人間関係で精神的に逃げ場を失ってしまったりというケースが多いです。

残業すれば残業代をもらえるのは普通のことです。

ですが、看護師の場合、状況次第では残業代が出ないことがあります。

とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場に慣れていない場合には、残業の申請が出しにくい雰囲気があるものなのです。

看護師の労働の環境改善をするためにも、残業代がきちんと出るようにする必要があるのです。

よく知っている看護師が人間関係でずっと悩んでいたのですが、とうとう先月、退職してしまいました。

このご時世、新しい看護師を採用するにもあまり看護師のなり手がいないようで、病院側は戸惑っているみたいです。

看護婦さんに退職された後に対応を迫られるなら、そのようにならないように、もう少し配慮すればいいのにと呆れました。

普通、看護師にとって、仕事が難しくない病棟としては、採血室が代表的です。

透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う配属先です。

身近な存在である献血センターもこの例に該当します。

基本的には、同じ作業の繰り返しで採血の技能も向上しますし、命にかかわるようなことはほとんどないのです。

どんな科でも採血を必要とする場合が多いので、どの科に配属されても役に立ちます。

日本では、長寿化が加速し今は超高齢化社会になりました。

この中で、需要が高い職業が看護師と医師、介護士です。

全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、簡単な仕事ではないです。

3つの職業人を育てることについて国は今よりも真剣に考えてもいい頃だと思います。

フルタイムで、看護師として勤務する際、比較的楽であろうといわれているのが、外来勤務でしょう。

もちろん、人命を預かるということでの責任は同様ですが、夜勤の必要がない、休日がとりやすいなどの理由により外来勤務を選びたい人も増加してきています。

看護師は医師からの指示のもとで医療行為をする事が多いのですが、簡単な医療行為であれば、医師の指示なしでも可能なのです。

ですので、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に看護師や医師がいる場合、とても心強いと思われます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイキ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eduho1sie0e1nr/index1_0.rdf