贅沢品大手LVMH成長率低迷

March 12 [Tue], 2013, 16:51
LVMHグループのプライベートエクイティファンドの業務はすでに数十年の歴史は、LVMHグループは2001年を6.4億ドルの成立、LCapitalAsia基金はこの業務はアジアでの継続で、その中で、中国とインドは彼らにも注目の2つの主要市場。一方、主役欣賀株式会社(以下、欣賀株式)は相対的に比較的よく知らない。資料によると、同社2006年に設立され、現在の傘下にあるJORYA(卓雅)、JORYAWEEKEND、GIVHSHYH、ANMANI(恩曼琳)、CAROLINEとAIVEI6ブランド、皆ハイエンドファッションブランド。

QDA公式サイトで見て、相対欣賀株式以前のブランドは、主に千元以下QDA価格。「2012年の国内の贅沢なアクセサリー消費熱減退。」投資有価薛文顧問高級研究員は、LVMHと欣賀協力を平価流行ブランドはストレスと機会を下の選択。2012年実績で各大贅沢品ブランド増加から連続長年の30%以上が下がるから7%。そしてLVMHはほかの数大贅沢品のグループの表現申し分のない、しかし、売上高は対2011増幅は年に下落した約10%。

これによって、各グループが発表した「贅沢品の歩調をゆるめる」。その中で、LV明言しない内陸で二線都市引き続き開店。平価の人気ブランド「我が国ではなお開発。」薛文は、贅沢品消費ブームが減退し、人々の消芍個性化を求める、独特な化、平価ファッションブランドにぴったりが消費者の需要を満たすそして該当消費水準は、一定の優位を持ち、特にその製品の価格が相対的に低くて、品質を保障し、若い一族の消費意欲を満たすことができる時。LVMHにこの投資は強気市場の発展の勢いを未来の形。「また欣賀良好なブランドとルート。」
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/edrjsrr888/index1_0.rdf