江戸前のオツな楽しみ方

June 15 [Mon], 2009, 19:42

江戸前ってどういう意味

February 13 [Fri], 2009, 21:38
今では普通に使われている「江戸前」という言葉。
年配の方なら「江戸前」の意味って詳しく知ってると思いますが、私たち若い世代には知らない人も多いでしょうね。
もうすでに定着してしまっている言葉の意味って、自分で調べてみると結構面白い成り立ちがあったりするんですよ。
プチ雑学王にでもなった気分です(笑)。
そもそも「江戸前」の意味には江戸城前(現皇居)の海や江戸風という解釈があるんですが、江戸風について説明するならば、よく粋な人や心意気がある人なんかを指して「江戸っ子」なんて言葉で表現しますよね。
それは昔に、江戸風の料理や風俗に自身を持った江戸庶民が、関西(昔で言うなら上方)の「雅(みやび)」に対抗して言い出したキーワードみたいなものだったんでしょうね〜。
そして江戸城前の海なんですが、昔はおもな漁港と言えば千葉県の銚子でした。
現在では運送手段も豊富ですし、全国各地から新鮮な魚介類を集めることは可能ですが昔はこの銚子が一番近い漁港だったんです。
でも銚子から江戸川を経て、日本橋まではおよそ200キロ。昔なら3日はかかるでしょう。
干物のような保存用の魚ならともかく、生では駄目になってしまいます。
でも人口が増えるにつれて食料は多く必要なのは確かですよね。
そこで目をつけたのが江戸城前の魚。昔は品川あたりで取れた魚介類のことを江戸前の魚といっていたそうですが、現在では東京湾で取れる魚介類のことを指します。
う〜ん、奥が深い!!
江戸前ってどういう意味か調べるだけで、今まで知らなかったたくさんの知識を得ることが出来るんですね!









自然妊娠 秘訣
35歳 自然妊娠
40歳 不妊症
不妊症 治療法

江戸前の由来を教えて

February 13 [Fri], 2009, 21:35
私は生まれてこのかた、ずーっと関西人ですが寿司といえば「江戸前」、「江戸前」という言葉から連想するものといえば寿司、というくらい「江戸前」って言葉に慣れ親しんでいます。
そこで、これまたずっと関西人の両親に、「江戸前」ってどういう意味?と聞いたところ、「東京の寿司のことやろ?」とそれで終わり・・・。
関西人の「江戸前」に関する知識は老いも若きも同じ(笑)。
いつか東京銀座にある某超高級寿司屋に行くのが私の夢なので、その時までにちょっとでも知識を養おうと勉強します。
もともと「江戸前」とは江戸風の事柄一般を指し、江戸近海のことをいう。
また東京湾で獲れる新鮮な魚介類のことを呼ぶらしいです。
じゃあ、何故「江戸前」と呼ぶのか、その由来を調べてみると、「江戸前」とはその名の通り江戸(江戸城)の前方、つまりは江戸城前にある海を指していて、そこで獲れる新鮮な魚介類を「江戸前」としたんですね。
そこから同じように浅草川や深川なんかで獲れたウナギは「江戸前のウナギ」とよばれ、江戸で握りずしが人気になると「江戸前寿司」といわれるようになったんです。
江戸前寿司は、江戸前の魚を使っているからという意味で「江戸前寿司」と呼ばれるようになったんですが、握りずしは元々江戸が発祥の地。
関西(上方)で同じく寿司が人気になってくると「上方の寿司」に対抗して「江戸前寿司」と呼ぶようになったとも言われています。
つまりは食の味や慣習、人の性格などなど江戸の流儀にかなっているものを「江戸前」と言うようになったんですね。










不妊症 冷え性
不妊症 食べ物
不妊 悩み
子供 授かる

江戸前について教えて

February 13 [Fri], 2009, 21:33
関西から初めて関東地方に転勤で引っ越したとき、テレビのグルメ番組を見ていてよく思ったのが、「江戸前の○○」という言葉。
確かに私も以前から江戸前っていう言葉は知っていたけど、じゃあ正確には何を指すんだろう?って事。
ちょっと気になって調べてみました。
まず、簡単に言えば、東京湾で取れた魚介類のことをいいます。
元は江戸城前という意味合いで、品川近辺で取れたものをそう呼んでいたらしいですが、後々に東京湾で取れる全ての物をさすようになりました。
なぜそうなったのかというと、昔からどこで取れた魚を江戸前と呼ぶかという点で明確な決まりはなく、そのためあちこちで議論や主張が繰り返されてきたらしいです。
まあ、一種のブランドみたいなものですもんね〜。
よって、2005年に水産庁の「豊かな東京湾再生検討委員会食文化分科会(すごい名前・・)」が、東京湾全体で取れた新鮮な魚介類を江戸前と呼ぶと決めたそうです。
ちなみにこの時に決められた東京湾の範囲は三浦半島の剣崎〜房総半島の洲崎を線で結んだ内側の海域らしいです。
一部では東京内湾のみを江戸前とすべきだという意見もあったそうですが、内湾と外湾を往来する魚が多いことなどから東京湾全体を江戸前とする結論に落ち着いたんですって。
「江戸前」っていう一つの言葉だけでも色々な意味があったり歴史があったりして面白いですね。










不妊改善療法士 金龍
自然妊娠 法則
mcas 問題集
mcas 合格

江戸前のアナゴをゲット

February 13 [Fri], 2009, 21:31
私はウナギよりもどちらかといえばアナゴのほうが好きで、よくスーパーなんかでアナゴを買ってきてはちらし寿司に入れたりアナゴ丼なんかにしてよく食べてました。
でも先日、東京にいる友人を訪ねて旅行したときのこと、友人に天丼の有名なお店に連れて行ってもらったんですね。
そこの丼にはアナゴのてんぷらがどーーん!と乗ってるんですが(どんぶりなだけに! 笑)、これがホクホクとしていて超美味!!
こんなに美味しいアナゴのてんぷらって初めて食べたかも〜。
関西ではあんまり見た事ないような気がする。
それからはめっきりアナゴのてんぷらの大ファンに!
でもスーパーってすでに焼いてあるアナゴは売っていても、生のアナゴって売ってないんですよね〜。
そこでネットで調べて江戸前の生のアナゴをゲット!!
東京湾で捕獲された江戸前の活きアナゴを活けじめにして、ちゃんと開いて調理しやすくしてあるんです。
価格も、とーーってもお手頃!!
本当は完全生で注文したいのですが、そこまでいっぺんに食べれないので私は冷凍のアナゴを注文してます。
これだとその時食べる分だけ解凍すればいいから楽だし、味もとっても美味しい。
ぜひ皆さんも江戸前の美味しいアナゴをゲットして食してみてください!!
ウナギが駄目という人でもアナゴならきっと美味しく食べれると思いますよ〜。









mcas powerpoint
パソコンスクール 池袋
パソコンスクール 東京
パソコン教室 神戸

江戸前の旬とは?

February 13 [Fri], 2009, 21:19
最近、私と主人が二人してハマっているものがあるんです・・・。
それは「江戸前の旬」。
これだけ聞けば知らない人は江戸前の何かの食べ物のお取り寄せかな〜?なんて思うかもしれませんが全く違います。
いい歳して恥ずかしいんですが、「江戸前の旬」っていうタイトルの漫画なんですよ〜。
夜、子供が寝た後に二人して読みふけっています・・・。お陰でかなりの寝不足です。
最初に主人が古本屋で退屈しのぎに買ってきた漫画だったんですがすっかりハマってしまいました(笑)。
「江戸前の旬」とは、九十九森原作・さとう輝原画の漫画で、週刊漫画ゴラク(日本文芸社)から出版されています。
連載は1999年から。その名の通り、江戸(東京 この漫画では銀座)を舞台にした寿司店の物語なんです。
主人公は柳葉旬。物語の舞台となっている銀座の寿司店「柳寿司」の三代目です。
父親である鱒の介が病気で倒れたことをキッカケに柳寿司を継ぐべく修行を始めるんですね。
その中でのさまざまな人々との関わりを通じて、旬(主人公)が成長していく姿を描いています。
旬は4人兄弟の末っ子の設定なんですが、父親を始め男兄弟は皆、魚の名前が入ってるところが面白い。
まるでサザエさんのようです。(笑)
主人公の旬はあまりにも仕事熱心で、恋愛に関しては不器用と言わざるを得ないぐらいなんですけど、
色々なすれ違いを経てのちに登場人物の朝岡藍子と結ばれます。
少年漫画だけれど、ちょっと恋愛の話もあったりで女性にも共感が得られるんでしょうね〜。
呼んだことがないという人はぜひどうぞ!!ほんとうに面白いんですよ〜。
しかもちょっと寿司や魚に関しての知識がつきます(笑)。









パソコン教室 岡山
パソコン教室 立川
パソコン教室 錦糸町
P検 参考書
P R
カテゴリアーカイブ