悪の華20話

May 07 [Sat], 2011, 10:11
仲村の家にきた春日。家には父親と祖母。母は離婚していない。家でもけっこう暴れていて反抗していて、部屋のドアに入るなクソムシとか書いてある。トイレを借りて仲村の部屋に入る春日。仲村さんの匂いがする。机の引き出しから日記が見える。高額アルバイト 大阪手にとって読む。くだらない、どいもこいも。クズ、まんないこの町。私は変態だ。私以外にも変態はいた、春日高男。そこへ仲村が帰ってくる。日記をひったくり早く出てけようんち走り出す仲村、追う春日。倒れこむ。春日この町の中で向こう側を見けたいんだ仲村何様なんだお前。一生じぶんでじぶんのうっとり撫で回してろ馬乗りになって大迫力春日今度は僕と契約しよう。このクソムシの海から這い出す契約を激しさを増す仲村。一方冷静になる春日。なんかプンプンくささを感じるな。結局春日も仲村とは付き合えないだろう。プンプンが愛子と付き合うことがないように。惹かれるんだけど疲れて死んでしまうだろう。ただしこういう女子も一時的なもので憑き物が落ちるみたいに大人になってしまうものなのかもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:edo06k4tnp
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/edo06k4tnp/index1_0.rdf