Myersのなっさん

July 09 [Sat], 2016, 13:05
一口に介護士と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり給料が高いという印象があるのではないでしょうか。介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが介護士の特徴だと言えるでしょう。
また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。これらの高給や安定性を重視するならば介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、つらいこと、大変なこともあります。どこが一番楽のできる診療科か、ということを真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。
とはいえ、どんな介護施設なのか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。
しかし、内実はどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、給与が増えているという状態です。
たとえば良い給料で介護士をしたいというのなら日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤で働けるところにしましょう。


夜勤で勤務できるかどうかでどのくらい稼げるかが変わってきます。
介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。

保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。

それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。

夜勤もありません。
勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますと待合室に患者があふれるようなことにもなって、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。

勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは介護施設や、診療科によっても違います。
勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、結構、融通の利く部分があります。

それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、小さな子供がいる人でも大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。

卒業を控えているのに、介護士の就職先がなかなか見つからないという方は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。求人サイトなどには年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、事情によっては介護施設側が独自に採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。

具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、厳しいケースが多いです。
ほんの少し前までは介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、ここ数年の間に男性介護士の割合も増加しています。看護職においては、患者の移動の際や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性介護士は重宝されます。
女性と年収に関しては同じですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。かなり以前は、介護士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に世間的に認知されていた節があります。しかし、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入る専門職であることが、よく知られるようになっております。


介護士の手にする給料というのは、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族が食べていけるようにできる程です。



こうしてみるとよくわかりますね。
介護士は高給を得られる仕事であるのは確実です。



介護施設では普通、介護士が注射や採血を行います。


好んで注射や採血をしてもらうような人は稀でしょうが、注射の必要があるのならば、出来るだけ痛くないように注射してもらいたいですよね。でも、注射針を刺すのは介護士の腕次第ですから、上手な人もいれば、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。

一般的に見ると大変だと思われる介護士ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。

具体例として、二交代制の介護施設勤務について言うと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。


長時間勤務がザラだということも介護士がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。

漢字で表現した場合、どちらでも書くことができます。



昔は男性のことを表すのは看護士、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。


でも、2001年に法律が変わったことを契機として、性別に無関係に使用できる介護士という呼び方に一元化しました。シフトを組んだ交代制勤務などで介護士の仕事は大変ハードでも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、その情報を申し送りをする介護士に引き継がなくてはいけません。それほど重要でない情報もあるとはいえ、介護的に重要な処置等に関しての申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。


よく言われているように、介護士というのはとてもきつい仕事です。

特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいてもし容態が急に変わったら大事になりますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も担当看護士が任されます。
緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、気の休まる時間はないくらいゴタゴタする夜を過ごすこともあります。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は個人のクリニックなのか、大規模な公立介護施設なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。


そして、気になる退職金は、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それを支払ってもらえるでしょう。



個人介護施設はどうなっているかというと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。
決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。
将来、介護士として働くための教育を受けられる機関として広く知られているとは思いますが、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と給料の面で専門卒より優遇されるということです。
その一方で、介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習に多くの時間を割き、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と介護的な処置を必要とする人々が増えてます。ですから当然、介護機関で働く介護士ももっと多くの人手が必要とされているのですが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める介護施設がそれだけたくさんあるということでもあって、介護士にとっては、転職がやりやすいといった大きなメリットもあります。
入院施設のある介護施設に勤める介護士は、夜勤で働く必要のある仕事です。夜勤の時間帯については、2交代制か3交代制かでまた違っています。


普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。対する3交代勤務の夜勤では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。就職先として考えている介護施設が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか調べておきましょう。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気を治療するため介護士を辞めました。



ですが、身体の調子が治ったら、早めに復職して今も介護士の職についています。


多少、仕事をしていない期間があっても、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。



実は同じ介護士でも格差があるのはご存じでしょうか。



たとえば正社員として働く介護士は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。

では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが相場のようです。
時間いくらのパート勤務にしてはなかなかの数字なのでしょうが、人の命に関わる責任の重さや日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。景気に関係なく求人が途切れることのない介護士は、転職が大変やりやすいといわれています。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。

履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。

面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。

しかし、能力的なこと以外に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も観察されることになるはずです。
介護士としての能力に加えて、人としての良い部分もみてもらうことができれば、上出来です。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。
病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日を休みにできるでしょう。


まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。それから個人経営の介護施設で、入院施設のないところなら、大抵の場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。
トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は総介護士長ですとか、看護部長といわれる人ですね。

具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その介護施設での勤務を長くするなど、周りの人間の信頼を得るように努力することが重要でしょう。
当然ですが、階級が高い程、より多くの給料を受け取れるはずです。女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。



それから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。
ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。
そういった、介護士を養成する学校は複数あります。



看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学や学部の人気が高まっているようです。



一口に介護士の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる職場配置となるはずです。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。
そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、何てったって、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度職に就くことが可能だということでしょう。


理由として、介護士が専門職だからということと人手不足であるということが少なからず関係しています。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えば五十代でも復帰できます。


正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、大半の介護士は介護施設で働いています。
ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人はじわじわ増えています。

つまり介護士であれば、介護施設ではなくても仕事をすることが可能であり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。介護士というものは働く時間が規則的でないことや労働環境の大変さによって違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、介護士の資格を持っているということは意外と介護士以外の職業でも活用できるというのもよくある話です。

例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。


看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや介護士なしの介護施設などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。

病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。そのため、日勤業務と夜勤業務に分けられて人員を交代させながら業務につくことになります。こういった勤務形態ですから、多少強引にでも時間の調整をしなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。
介護士は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。


Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというようなその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。



とは言え、メインで働いている職場の規定で介護士のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、その前に本業での介護士の仕事自体が、相当ハードなものとあって、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。
介護士を志したのは中学の時の職場体験で、介護施設に行ったのですが、そこの介護士さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。


将来は、こんな風に働きたいと思ったことをきっかけに看護学校へ進み、晴れて介護士になりました。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、介護士になってよかったです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaito
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/edltreaocicmrg/index1_0.rdf