安らか

April 21 [Thu], 2011, 3:51
改めて思ったのは、自分のすきなひとには安らかな眠りが常に訪れて欲しいということ。生きている人も亡くなったhttp://www.sm-type.com/soft/人も。私はどんな日も5時には目が覚めて老人か朝を迎えるけど、もし隣で寝ている人がいるならその安らかな眠りが少しでも長く続けばいいと思う。自分は起きていても隣にいることで安心が増したら嬉しいと思う。温かくなってもらえればいいと思う。眠りがそのひとを幸せにすればいい。今朝それを強く感じた。人のぬくもりは安らぎをくれるから。お別れはとても悲しかった。一緒に働けた時間は長くはないのかもしれないけど、私とその人にしかない会話があった。ストックで倒れて動けなくなったのに気づいたのも私だったしその時はとても怖かった。たまたまだけど、さいごの方はかかわりが多かったと思う。話す機会も。病気で痛かったり苦しかったりしたと思う。安らかな眠りが訪れていると思うと悲しいばかりではないと思える。出会えて良かった。昨日、さりげなくそばに来てくれたひとたちがいた。嬉しかった。ありきたりだけど、頑張ろうって素直に思った夜だった。I松さんを支えたいと思った。何ができるか考えたいと思う。大好きなひととの別れはらい。それは当たり前のことだからちゃんと抱えて生きていきたいと思う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:edkvuluqbj
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/edkvuluqbj/index1_0.rdf