欽ちゃんで恭子りん

June 28 [Wed], 2017, 13:35
ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分としてクローズアップされています。事実、オリゴ糖を給餌された乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、内臓環境を整調してくれます。
乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには必須な成分だと主張することができます。
どうして私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。


会社へは毎日車で通っているので、歩く事もめったにありません。犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩にも行きません。そのような事情で、私は便秘がちなのではないでしょうか。
便秘の改善にもなるはずなので、今日からウォーキングを始めることにします。
乳酸菌をいつ摂るかが気になりますが、商品パッケージには適量と回数が、書いてあるところがありますから、それを基準にして下さい。
1日の摂取量を一度 でまとめて摂るよりは、回数を数回に分けた方が、身体に取り込むことを考えると効果を実感できます。


インフルエンザに感染したことが判明すると学校の出席が5日間できなくなります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、2、3日で発熱は治まるので、登校しようと思ってしまうかもしれません。



熱がすっかり下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他人にうつる危険性があります。

なので、お休み期間は守ることが集団感染予防には必要なことです。

というよりも、インフルエンザは風邪と比較すると違うもの知られています。その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、その状態が3日から7日続きます。型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など少々違いが見られます。場合によっては、肺炎を併発したり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、油断できない感染症です。
娘のインフルエンザの予防注射に受診しました。私は注射の瞬間は怖くて視認できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射を接種しています。
予防注射の後は怖かったーと口にしていました。もっと怖いんじゃないかな?と感じましたが、何も口できませんでした。

私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、今では少しずつ便秘が治ってきています。


効果があった対策は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。この方法を続けているうちに、だんだん良くなってきて、便秘で悩むこともなくなりました。この数年、乳酸菌がアトピーをよくすることが見つかってきました。

アトピーの起因となるものは様々ですが、毎日のストレスや偏食などによって誘因されることもあります。アトピー患者の大部分は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌をとることでおなかの環境を整えることが克服するはじめの一歩となるのではないでしょうか。


アトピーに良い作用の化粧水を毎日使っています。

友人に教えてもらった化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを見違えるほどきれいに治してくれたのです。毎朝鏡を見るのが、とても嬉しくなりました。



触る度にお肌がスベスベしていることを喜びに感じます。私にとっては乳酸菌サプリと言われれば、すぐに思い浮かぶのは何と言ってもビオフェルミンです。
まだ小さかった頃から知られていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、いつも私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンとなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯一
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる