マリのショウジョウトンボ

February 03 [Wed], 2016, 9:30
一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。
このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。
血流のわだかまりを解消し、自然な代謝を促進し、リラクゼーションも期待できます。
赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、ほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。
葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。
理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の女性は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。
食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸サプリで摂取するのも良いと思います。
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。
周囲の励ましや期待などが負担となったり、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるケースもしばしば見られ、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。
周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが大事かもしれません。
妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。
その中でも葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は最も重要なポイントだと言えます。
今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することがおススメです。
毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。
サプリでしたら定期的な葉酸摂取が簡単だと思いますから、一番簡単な方法だと言えます。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。
ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。
サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、その友達に教えてあげました。
友達には、いつも笑っていてほしいから、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと応援しています。
葉酸を多く含む食べ物ですが、果物では、イチゴやライチに含有量が多いと発表されています。
それ以外では、柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。
柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。
葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良いですね。
妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。
ですが、他にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、質の高い卵子を育てるに役立っているからです。
妊活中の女性以外にも、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。
亜鉛は質の高い精子をつくることを助けてくれるんですね。
妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。
今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取を始めてみてください。
妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。
理想的な摂取量としては、厚生労働省の発表によると一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。
これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると難しいと思いますから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。
葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理の際の加熱によって葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。
一人目に男の子を産んでいたので、女の子が欲しいと主人と話していたからです。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。
妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明するまで緊張しましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuka
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ederyjlbawrjro/index1_0.rdf