Hallの森岡

August 23 [Wed], 2017, 21:59

学生の頃からの異性との関わり方をひきずっているために、今まで通りの生活をしていれば「近い将来、出会いの時機はやってくる」などろ軽視しているから、「出会いがない」「理想の男性がいない」などと諦めてしまうのです。

珍しくもなんともないところですれ違った人が一切好きな系統ではなかったり、これっぽっちも色っぽい関係になれそうもない年の開き、または女性同士であっても、初めての出会いを確保しておくことがよい結果を生むのです。

「無料の出会い系サイトに関しては、どんなふうに維持管理できているの?」「使ってみたら利用料の支払い督促が送られてくるんでしょ?」などと訝る人もいらっしゃるようですが、そんなことは一切ありません。

誰かと恋に落ちたいのに出会いがない、すぐにでも結婚したいのに夢はまだ夢のまま…という人の大多数が、ピントのズレた出会いに左右されている気の毒な公算が高いと見て間違いありません。

ボーイフレンドのいる女性や付き合っている人のいる男子、専業主婦やお付き合いしていた人にサヨナラしたばかりの人が恋愛相談を提言する時には、話し相手を狙っている可能性がめちゃくちゃ高いと言えます。



「誰とも付き合えないのは、どこかに難点があるということ?」。そんなに大事に捉えないでも結構です。極端に言えば、出会いがない毎日を繰り返している人や、出会うために必要なサイトの選び方を仕損じている人の数が多いということです。

“出会いがない”と嘆いている人は、実を言えば出会いがないことなどあるわけがなく、出会いがないと弁解することで恋愛することに対して及び腰になっているというのも、ある意味での真実です。

恋愛においての悩みという厄介なものは、事例と状態によっては、過剰に語ることができず、悩ましい頭を背負ったまま日々の暮らしに埋没してしまいがちです。

最近は非現実的な出会いも多くなっています。お嫁さんや旦那さんがほしいと願っている人向けのサイトはもちろんのこと、ネットゲームや趣味のお酒などのSNSから誕生した出会いも多数露見してきています。

女の人向けの雑誌にも大量の無料出会い系のCMがあります。世間的に知られた会社の無料出会い系であれば…と登録に前向きな若い女性が今、続々と増えています。



初っ端からガールフレンドに夢中になっていないと恋愛とは言えない!という主張は必ずしも当てはまらなくて、もっと肩の力を抜いて貴女の情感を自覚しておくことをご提案します。

「出会いがない」などと悲嘆している人の多くは、実を言えば出会いがないというわけでは絶対になく、出会いから逃げているという一面があると言えます。

女性のために作られた雑誌では、繰り返しいろんな恋愛の技術が案内されていますが、腹を割って話すと総じて実生活では応用できないこともあります。

独特の心理学として女性の関心を集めている「ビジョン心理学」。“恋愛素人革新”を切望する数多くの女子たちに合うユースフルなセラピーとしての心理学と呼んでも差し支えありません。

男の同級生から悩みや恋愛相談を始められたら、それは意中の人というにはおこがましいかもしれないけど信頼していることの象徴です。もっと好きになってもらえるように近づく動機を用意することです。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナオキ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる