平澤の宇山

August 03 [Wed], 2016, 13:02
株取引では、株式チャートを参考に売買の判断を行う手法が存在しています。



そのなかのひとつが、押し目買いと、一般的にいわれている取引の手法です。株式チャートの値において、株価が移動平均線と接する数値を底値とし、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いというやりかたです。これまでの実績や経験的に、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。
株の売買には現物株という方法以外にもいろんな投資方法があります。
そのうちの一つがオプションです。これにはコールという買う権利とプットといった売る権利とがあって、おのおのに売買ができ、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由自在に投資戦法を組むことのできるデリバディブ投資です。

ものすごく魅力のある投資法ですが、十分な知識がいることでもあります。
信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りが可能なことが大きな特徴でしょう。特に空売りというのは、下落相場において大きな力を発揮し、うまく利用することで相場が上げ方向でも下げ方向でも儲けとなる武器となるのです。


ただし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の場合は資金管理を慎重にする必要があるのです。
株を始めたばかりの人が株式投資を始める狙い目とは、ほとんどの人の株式投資への関心を失い、株式市場が閑散となっている時なのです。



こういう時期だと、どの銘柄もありえないくらい値が下がっていて株価が放置状態となっているため、優良銘柄を買うとすれば絶好の時期だと感じるからです。

株への投資には危険性を伴います。

ですので、株の経験がない場合は、まず投資信託で資産運用をスタートするのもよいことでしょう。
投資信託は運用のプロが有利な投資先に広範囲に分散して投資するので、安心できる初心者に最適の運用法のひとつと考えられます。
私は私の好きな名のしれた銘柄の株を所持しています。


毎年一回、配当をもらえるのですが、配当で貰ったお金だけではなくて優待で様々なものがもらえるのが魅力です。

中でも好みのメーカーからもらえると、もっと頑張って欲しいという風に思います。

初めての株取引であるなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することをご提案します。

面倒くさい確定申告の作業や調査に費やす時間をなるべく減らして、そのかわり、株式投資に関わる情報を集めて理解することに時間をかけることができるからです。
株式投資のビギナーにとっては理解できないことだらけと認識されているのではないでしょうか。
どこの証券会社に口座を開設して投資を始めればいいのかなど、悩んでしまうことが多いです。

誰しもが利益を得たいと思って株式の売買を始めるわけですが、最終的に利益を出せる人はほとんどいないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:花音
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ed639oksdosge6/index1_0.rdf