NGシャンプー方法

September 01 [Thu], 2016, 1:24
ヘアケアの基本でもあるシャンプーの仕方を間違えると、頭皮のニオイや髪の傷みを引き起こすこともあるそうです。

たとえば、熱いお湯での洗髪は、頭皮のニオイのもとになるといいます。

というのも、頭皮に必要な油分まで洗い流され、頭皮が乾燥してしまい、その結果、乾燥から皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌され、ニオイの原因になるのだと。

それに、熱いお湯を使うと頭皮の温度が高くなって、それもまた皮脂の過剰分泌につながるそうです。

湯船やシャワーの温度は、よく38〜42度程度のぬるま湯が理想だといいますが、洗髪のときの温度はそれ以下がおすすめで、ぬるいと感じる温度設定が理想とのことです。

また、髪を濡らして即シャンプーもNGとのこと。

髪や頭皮をしっかり濡らさないとシャンプーが泡立ちません。

シャンプーはもともと頭皮を洗うもの、ワックスや髪の汚れ程度であれば、しっかりシャンプーを泡立て、泡をのせているだけでも汚れを吸着してとってくれるといいます。

それから、手触りツルツルは流し足りていない証拠だそうです。

洗髪後のシャンプーは汚れを含んでいるので、頭皮や髪、顔や体に残っていると肌荒れや髪の傷みの原因になるといいます。

なので、髪を触ったときにキュッと指が止まるくらいまでしっかり流すことが大切なんだそうです。

こんな情報、意外に農作物の栽培サイトなんかで見つかったりします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hina
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ed0bnciout4o7r/index1_0.rdf