シベリアン・ハスキーの桜コメット

April 24 [Sun], 2016, 2:25
シフトを組んだ交代制勤務などで介護士の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、特に油断できない仕事が申し送りです。


入院中の患者さんについての状態を全て理解して、責任を持って次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。



伝言で済むものも多いとはいうものの、患者の生死に関わる重要な情報については間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。

病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、働く介護士は外見に気を付けておくことが大切です。



女性のケースでは、派手なメイクは避けてTPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。
スッピンとはまた違って、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。

やはり、女性が多い職場ともなると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくないのです。


夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのも良いと思います。特に90年代の終わり頃でしょうか、介護士などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風にイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。

イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。

介護士の給料と言えば、家の屋台骨として充分に、家族が食べていけるようにできる程です。

つまり介護士というのはかなりの高給を期待できる仕事なのです。介護機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて夜勤をこなしていくことになります。
夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、夜中の少人数体制の中で眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は大体いつも、日勤より多くなるようです。

介護士としての働き方はいろいろあります。


正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。どのくらいの額かといいますとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのがパート介護士の時給としての相場です。

パートとしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる介護士であり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。介護士の場合は安定していると思われることが多く、「ローンを組みたい」という時でも往々にして、簡単に審査に通りがちです。



ですが、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だとそうとは言えないことも多いです。ローンで審査に引っかからずに通れるのは非常勤でなく、正職員として働いているような介護士の場合には当てはまることなのですが、たとえ介護士でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。

あまり一般的ではないかもしれませんが、介護士の求人がある勤務先に保育園がある事をご存知ですか?こうした保育園を職場にするとなると、子どもの世話が好きな方であれば、理想的な職場だと思います。
保育園での具体的な仕事の内容は、介護施設とは異なり子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。



給料についてですが、介護士の場合は大介護施設や個人介護施設など、どういったところで勤務しているかにより、金額は相当変わってくるのが普通です。
退職時につく手当、退職金はどうかというと、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、納得のいく額が支払われることになるでしょう。



他方で個人介護施設の状況を見てみますと、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立介護施設を選ぶと良いでしょう。



介護士として、初めての介護施設で働きだそうとする際、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれるケースも多いですが、人材を管理する人の胸三寸で決定されることもあり得ます。


全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、充分に考えられた配属であることが殆どです。

でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、実は意外と調整しやすいようになっています。
他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、園児や小学生などの母親をしながらであっても大きな負担を感じずに働くことが可能である、とされます。

小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと介護士という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。
ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。
実際の介護士資格取得の難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。
調べてみると、介護士国家試験の合格率は毎年90%前後ですから、決して低くありません。
試験内容も、専門学校や大学の講義を普通に勉強していた人だったら難なく合格できるものですから、これといって介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。介護施設の統廃合続きにより、介護士の不足が浮き彫りとなっています。
日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士はとても大変な思いをしているという現実があります。男性介護士も増えてきてはいますが、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、ストレスにやられてしまったり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。シフト勤務で働く介護士にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、注意しておかなくてはならない点として、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が少なくなることがほぼ確実なのです。

例え年収が下がったとしても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。初めて介護士の就職先を探してみても上手くいかないという人は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。

求人において表面上年齢について書いていない場合も、介護施設側の事情で採用の年齢を決めている場合があります。

具体的に言うと、30代以上で初めて介護士としての職場を探すのは、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。


職場を変わられるときにはご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けなければならないことがあります。何に気を付けるべきかと言いますと、その履歴書で最も重要な志望した動機について、どのように表記するかということになります。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術や知識を学べるといった理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、見ただけでやる気を感じられるような志望動機がいいと思います。
もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合の長所と短所を説明しましょう。まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。残念なことは、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、腰を落ち着けて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。



皆さん想像がつくと思いますが、介護士は多くが女性ですので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、その結果、離職率が高い割合を示しています。

その他にも、働く時間が規則的でないこととか、労働環境の大変さによって結果的に離婚してしまう方も多いようです。収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点ももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。看護士と介護士、発音は当然同じですが、漢字だと、どちらでも書くことができます。少し前までだと、男性のことを表すのは看護士、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。
法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる介護士という呼び方に統合されました。介護士をするきっかけとしてよくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。



新卒の給料を見ても同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。ただし、そうやって高いお金をもらって働くということは、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。注射されるのが好き、なんていうタイプは稀なタイプだと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、痛みが少ないように打ってもらいたいと思うのが普通です。ですが、痛みを感じるかは介護士の腕によるところもあって、痛みなく処置してくれる介護士もいれば、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。


上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。
介護士は愛煙家が多くない印象がありますが、その印象は間違っておらず、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。
介護施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙や臭いをつけないよう、自主的に禁煙している人が少なくない様子が想像できますね。



少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。

労働環境は、決して整っているとは言えず、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。


では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、介護士需要は高まるばかりで、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。
免許が必要な専門職である介護士は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。


結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといったその人の都合で職場を変えることもありますが、転職する人の中には、介護士としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。

転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと肝心の転職自体、できない恐れがあります。

今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、大介護施設で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。



一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


課長職につく人物の収入が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは約750万円とみられます。介護士になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって体験先の介護施設の介護士の方に感銘を受けたのがきっかけとなりました。大人になって仕事に就くならこんな風に働きたいと思ってそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。楽しいことばかりではありませんが、毎日が充実しています。



昔の介護士といえば、ほとんどが女性の職業でした。
しかし最近の傾向は、どこでも介護士の名称が使われ、男性の介護士も多いです。現場で求められる介護士の能力を考えた場合、介護士に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。本来女性が持っているような優しさだけでなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今の介護士に求められる大切な能力だと言えます。離職率が高い職業として介護士が有名ですが、やはり、転職率も高いことが挙げられます。



こうした流れを受けて、介護士専用の転職サイトが増えつつあります。こうした介護士専用の転職サイトであれば、さらに効率よく自分の希望する条件の求人を探せますから、十分な時間を取れない現役の介護士に最適です。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも一緒に活用することをお勧めします。介護士の存在は法律上、医師の診療を補助する役割と定められています。介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。


ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、差し迫った状態になったときは、経験を積んでいる介護士に限り、それなりの介護行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。医師、そして、介護士。
二つの間には大きな違いがあります。
大きく言うと、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。

他方、介護士の場合は、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rio
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ecyutbrhnaihat/index1_0.rdf