プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ecwkmauxwmzptg
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」 / 2010年07月01日(木)
 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展。関連プログラムでは、さまざまな“ポスト・フォッシル”的クリエイターを招いてのトークショーが行われた。

【拡大画像や他の画像】

 その第3回のために来日したのが、展覧会出展作家の1人、ロンドン在住のピーター・マリゴールド氏。6月12日に行われたトークショーでは、彼が出展した作品「スプリット・ボックス」の話を中心に、その場で製作の実演も交えた充実した内容となった。作家のピーター・マリゴールド氏に話を聞いた。

今回の展覧会に出品した「スプリット・ボックス」について、教えてください。

 1つの木の断面(サークル)を上から4分割します。その切ったもののすべての角度を合わせると360度になります。どんな風に木を切ったとしても、すべての角度の合計は360度になりますね。この“スプリット・サークル”を4隅に配したボックスが「スプリット・ボックス」なのです。

 ここにあるすべての箱は歪んでいますが、1つ1つがパーフェクト。どの木を見ても、そこに宇宙が存在するように、例えばバクテリアの中にも宇宙を見出せるように、パーフェクトなのです。この作品は一見カオス的に見えますが、親近感を感じることができるのではないでしょうか。これはとても原始的な感覚なのだと思います。

 私がいつも感じているのは、物事は常に変化するということです。バナナを加熱調理すると甘くなりますよね? 分子の形が変わっているからです。

21世紀に入って10年が経とうとしています。資源が枯渇しようとしている現在、今後、デザイナー、アーティスト、クリエイターが担うべきこととはどんなことだと思いますか?

 これは込み入った、大きく複雑な問題ですね……。クリエイティビティというのは、基本的な人権だと私は考えています。水や空気、生きることと同じことだと思います。しかし一方で、大量生産のプロダクトが氾濫(はんらん)する状況については間違っていると思っています。

 なぜ、もっと棚が必要なのか、みんな考える必要があると思います。私はとても不思議な立場にあるかもしれません。私自身はデザイナーであることを確信しています。しかし、それと同時に安易な大量生産は間違っていると思っています。こういう時代にデザイナーであるということは、とても変な感じがしますね。もしかすると、人々の要求に問題があるのかもしれません。

 私の作品は「リサイクル」とか「とてもナチュラルだ」と評されることもあるのですが、これは私が意図したことではありません。素材を最大限に活かすという傾向はあると思います。しかし、環境的でエコなデザイナーといわれることには違うなと感じています。

ところで、本日のプレゼンテーションの中で、かたつむりの写真が最初と最後に出てきました。飼っていらっしゃるのですか?

 アフリカンカタツムリと普通のカタツムリの2匹を飼っています。アフリカンカタツムリはかなり大きくて、彼は完全に“動物”ですね。食べている音も非常に大きいですよ(笑)

 彼の名前はマーヴィン、もう1匹はマクムード。マクムードは家の床で殻がぐしゃっと潰れていたのを発見して、コップに入れてあげました。カタツムリの殻は渦巻状ですよね。この殻を見ると、何歳なのか、いつ傷を負ったのかが分かるようになっています。カタツムリはとても美しい生物です。まるで、生きた彫刻のようです。

作品作りにおいて、自然からインスピレーションを得ることは多いのでしょうか?

 そうかもしれません。常に気にしているということではないですが、僕はとても大きく美しい公園の隣に住んでいて、毎朝、その中を歩いてスタジオに行くんです。自然の経験はもちろん、さらに自然のフォルムに惹かれます。

 「スプリット・ボックス」の製作実演を行ったピーター・マリゴールド氏。木工用ボンドを木材にラフに絞り出し、手際良く箱を作って行くさまは、まるでサンドイッチを作るかのように、軽やかで楽しげに見える。「作っている途中で仕上がりが分かってくる」と即興的に製作にのぞむマリゴールド氏の実演風景を、連続写真で紹介。

●Peter Marigold(ピーター・マリゴールド)

デザイナー。1974年生まれ。イギリスを活動拠点とする。家具の彫刻的な可能性に関心を持ち、形態と素材にさまざまな角度からアプローチしながら、自らの経験を反映させる独自性豊かな新しい機能的解決策を追求している。スタジオから出現する各作品を活動のパリンセプト(書き直しや上書きができる古代の羊皮紙)のようにするために、最も基本的状態にある素材にダイレクトに取り組んでいる。

撮影:永留新野

【草野恵子,エキサイトイズム】
Copyright (C) 1997-2010 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

【6月30日18時0分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000050-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 03:59/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!