さおりんと茂木

September 24 [Sun], 2017, 18:36
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かずにじっとしていても使うエネルギーのことで、大方を様々な骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳が消費していると考えられています。
もう永久歯の周りの骨を溶かしてしまうほど時間の経ってしまった歯周病は、万が一病状そのものが落ち着いたとしても、エナメル質が元の量に戻るようなことはないでしょう。
道路交通事故や山での転落事故など、とても強い負荷が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が発生したり、骨が外に突き出る複雑骨折となったり、酷い場合は臓器が破裂してしまうこともあります。
耳の内部構造は、外側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3つに分かれていますが、この中耳付近にばい菌やウィルスなどが感染し、炎症が起こったり、液体が滞留する症状を中耳炎と呼びます。
汗疱状湿疹は主に手のひらや足裏、又は指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱が出る症状で、通常は汗疹(あせも)と言われ、足裏に出現すると水虫と間違われることがよくあるようです。
今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)の免疫(抵抗力)を持っていない人々が多くなっていることや、自己判断のせいで診断が遅れることが誘因の集団・院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高いようです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目覚めている覚醒状態で生命を保っていく(鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)のに必要な基礎的なエネルギー消費量のことを言います。
吐血と喀血、2つとも口からの出血に違いはありませんが、喀血というものは喉から肺に続いている気道からの出血のことで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上にある消化管から出血する症状を表します。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する働きのあるナイアシンは、不快な二日酔いに大変有効です。嫌な二日酔いの元凶物質だといわれているエチルアルデヒドという物質のクラッキングに携わっています。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、正式には股部白癬と称されている、カビの一種の白癬菌が陰嚢、股部、お尻などの部位に何らかの理由で感染、寄生してしまう感染症のことで簡単に言うと水虫です。
不整脈の中でも期外収縮は、特に病気ではなくても症状が出ることがあるため緊急の健康障害でないとはいえ、同じような発作が繰り返してみられるケースは危険なのです。
悪性の腫瘍である卵巣がんは、通常ならばヒトの身体をがんから護る役割をする物質を生み出すための金型のような遺伝子の異常で発症してしまう病気だと考えられています。
トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる働きがもっとも認識されてはいますが、それ以外にも肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの産生を抑制したりするということが知られています。
クシャミに鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする異物感などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを誘発する花粉の飛散する量に比例したように酷くなってしまうという特性があるとのことです。
BMIを算出する式はどの国にも共通していますが、数値の評価レベルは各国少しずつ違っていて、JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITYではBMI22が標準、25以上だと肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と定義しているのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウタ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる