特定保健指導のシステム選び 

April 30 [Thu], 2009, 1:34
特定指導を行ってる医療関連機関にとって、どのようなシステムを導入するかは死活問題だ。

経済的にあまり余裕のない場合は特にだろう。

だからといって、特定保健指導の事務処理は煩雑だ。

だからと言って、Excelなどでは人的ミスなど、不安な点も多いだろう。

そこでお勧めなのは、ASP形式のシステムだ。

詳しいことは省くとして、料金的にも、保守性も、これから導入を検討しているなら、絶対にASP形式がいい。

いちど検討してみてはいかがだろう。

特定保健指導

リサイクル比率の高い名古屋市 

September 06 [Sat], 2008, 2:33
名古屋市は、数年前ごみ処理場問題で非常に世間を騒がせたが、今はあまり聞かない。

どうも名古屋はリサイクルと言う点で非常に優れているようだ。

交通事故死亡率は依然ワーストワンだが、意外と誇れるものがあった。

世界全体で見ても、リサイクルと言う動きはかなり定着しているようだが、循環型社会の3本柱である、リユースとリサイクルはまだまだのようだ。

特にリユースは弱いようだ。

高輝度カバーでカバーが必要か。

身の回りの環境問題 

September 06 [Sat], 2008, 2:27
よく机の上が乱雑なのは頭のいい証拠。

乱雑な書類や本の山の中で、何がどこにあるかなどをピタリと言当てるなど連想しますが、身の回りの整理整頓。

身近な環境問題には取り組んでいますでしょうか?

私自身、部屋が汚い時は、精神状態が悪い気がします。

心機一転して、気分がいいときは自然と部屋も片付けたくなる。

部屋が乱雑な状態で落ち着ける人は、ずっと気が晴れない状態が続いていて、気が晴れることを忘れてしまっているだけかも。

ちょっと気にしてみてはいかが、身近な環境問題。

そしてダストリアル。

環境問題の次の問題 

September 04 [Thu], 2008, 1:04
よく、国家間の外交などを見ていると、報復や戦争など、一般的な個人レベルの解決策としても、レベルの低い解決策がとられることは、よく見かける話だ。

こういったレベルの低い政策は、一般の人々から非難を浴びることになるが、仮にも国家代表と言う、ハイクラスな人間の行う行為として、疑問を感じないか?

こういった意思決定は、いくら国家代表といえども、民主主義の世の中では、個人の権限で決定できるわけではない。

あくまでも民意の反映だ。

となると、戦争や報復措置などの決定は、国家代表と言うより、国家全体の多数的考えが、まだまだ成長していないと言えるのではないだろうか?

このように考えると、個人がそれぞれ成長するように、国家や世界そのものも悠久の時の中でゆっくりと成長していると考えられるのではないだろうか?

マズローの欲求レベルでは、まず生存と、安全が満たされないと、承認や自己実現などの高い欲求は生まれてこないと考えられている。

今、環境問題という直接的な生存に関わる食糧難などの問題が第一ではないとすると、世界は第2段階の安全への欲求へと成長したのではないかと思う。

食糧難と言う「生存」の欲求より、「環境問題」と言う、安全の欲求を満たそうと言う動きが強まってきたことを考えると、次なる欲求は「所属と愛」の欲求だ。

環境問題をクリアした後は、このレベルの欲求が第一の問題としてクローズアップされる。

その時は、世界的な取り組みとして、核家族などの問題が、深刻化するのではないかと思う。

エナジーゼロチャージ!

環境問題とは何か 

September 02 [Tue], 2008, 0:54
よくこのままでは地球は滅びると言う話を聞く。

いや、地球は滅びない、人間が滅びるだけだと言う人もいる。

どちらにせよ、あまりいい話ではない。

小さい頃、TVも遊園地もある現代に生まれて、本当に良かったと考えていた。

これが江戸時代や、石器時代なら大変だと思った。

戦国時代や、第2次世界大戦中に生まれたら、大変どころか、生きてはいられないと思った。

小学生のころ、学研で地球の人口増加と食糧難について知り、大変ショックを受けた。

中国の一人っ子政策と、それに相反する日本の少子化問題。

環境問題以前に、人の問題が大きい。

銀河鉄道999の中に、こんな話があった。

それは、1年中花の咲き乱れる美しい星で結婚できずに寂しい思いをしている、女性の話だ。

その女性は結婚相手を求めて、都会の星に行き、鉄郎を旦那として連れて帰るのだが、逃げられてしまう。

美しい花が1年中咲き乱れる星で、生涯不幸だった女性の話だ。

美しい自然は大切だし、これからも大事にしていかなければならない。

しかし、人間不在のエコ活動は不毛であろう。

きわみプリンのきわみだ。

日本の酸性雨被害 

August 31 [Sun], 2008, 22:38
中学の頃、英語の教科書でヨーロッパの酸性雨被害が取り上げられ、魚の住まなくなった湖や枯れた木の林などが紹介されていた。

酸性雨にあたると頭が禿げるなどとも伝えられていた。

あれから20年が絶ち、酸性雨被害の話はあまり聞かなくなったし、日本で魚の住まなくなった湖や、枯れ木ばかりになった林の話も聞かない。

私はてっきりこれから酸性雨被害もひどくなり、日本でも影響が出てくると思っていたのだ。

調べてみると、日本も確かにpHは4.5ぐらいの酸性雨が降っているらしいが、元々日本のような火山国は、酸性に耐性があり、被害が目立たないそうだ。

しかし、光化学スモッグなど、酸性雨の被害はいろいろと露呈しているようだ。

インドの青鬼もびっくりだ。

ネットで見ていて 

August 31 [Sun], 2008, 13:42
今日、ネットで環境問題について記事を見ていると、三重大生の環境活動についての記事があった。

三重大学も一時は教師、生徒らの不祥事で話題になったが、こういった取り組みにもちょくちょくニュースなどを見かける。

基本的にのんびりしていていい大学だと思う。

三重大学は、地域ではかなり期待度の高い大学だが、全国的には少子化で大学が余ってきている状態である。

大学の価値が年々下がる中、地域の活動などで価値を高めて欲しいものである。

それから、最近ネットでバルーンプリンなるものが登場したが、どうも売り切れて買えない。

残念だった。

不都合な真実に失望 

August 27 [Wed], 2008, 0:16
昨年は、「不都合な真実」と言う本が爆発的に売れ、世界を震撼させたが、どうもその中身は、著者自身のお金儲け的な役割が大きいようだ。

著者の浪費家ぶりや、本自体の中身の信憑性も怪しい部分があるらしい。

環境問題が騒がれる昨今、紛らわしい報道はこの流れの熱を冷ましかねない。

ソーラーパネルも、その生産過程のCO2排出量を考えると、CO2削減は怪しいらしい。

本当の環境問題は、個人個人の意識の高まりによる、まめなリサイクルやゴミを減らす努力にあるのか?

オリンピックで金メダルを取るように、環境問題の取り組みにも、近道無しといったところか?

ポーキーズ ジーンズを履けばいい。

酸性雨は大丈夫か? 

August 26 [Tue], 2008, 0:43
私が中学生の頃は、酸性雨のことがよく話題になっていて、雨にあたると頭がはげるとか、酸性雨で魚のいなくなった湖のことや、枯れた林などがクローズアップされていた。

今酸性雨の話題はあまり聞かないが、酸性雨は大丈夫なのだろうか?

温暖化のことが注目を浴びすぎ、影にかくれてしまっているような気がする。

愛知万博でも、酸性雨のことをクローズアップしているパビリオンなどは見られなかった。

環境問題は、温暖化だけではない。

森林伐採や、焼畑農業、それに伴う砂漠化。

ゆくゆくはどれか一つでも解決したい。

自らの手で。

ホシノ天然酵母 販売はどこで行っている?

ソーラーパネルどないやねん。 

August 14 [Thu], 2008, 23:14
環境問題が騒がれる昨今、日本もいろいろな動きが出てきたが、まず気になるのは、ソーラーパネルについてです。

楽天などを見ていると、ソーラーチャージエコなどと言う、携帯の充電器が発売され人気のようだが、これは意識の高まりと見て喜ぶべきか。。。

もはや環境先進国といわざるを得ないドイツはソーラー発電の普及率が40%を超えたらしいが、日本は補助金がおりずまだまだ数パーセントとか。。。

日本は経済で先進国と呼ばれるようになったが、このままではかつて栄えた中国が、世界の経済から取り残されたように、再びパワーシフトが起こる日も来るかもしれない。

10年後、パワーシフトに取り残されてみじめな思いをしないよう、日本もしっかりと環境対策を行ってほしいものである。