この世にアルコールがなかったらたぶん逝きます 

September 02 [Sun], 2007, 19:30
私が働けるのはギリギリ、ギッリギリでも金曜日までなので、土曜日は体力が残っていない。
そんな土曜日の夜、その日が開店初日であったと言うお店で、なぜか焼酎が大流行して、芋、麦、栗、しそ・・・から始まり、ゆず、かぼす、焼き芋、牛乳、海藻と同席者で各種制覇しました。
久しぶりにビール以外の飲み物をたんと飲みました。

思えば、たんたかたん飲み過ぎて経営会議をすっぽかした社会人一年生から、いつの間にかこんなに大人になり・・・

大人になって・・・

おと・・・な・・・


だめだ。眠い。
ほとんど寝ていない上に4ヶ月ぶりにテニスしたから眠い。

どろんします。

黒いスーツばっかり持ってる 

August 29 [Wed], 2007, 22:22
ある本に書いてあったが、営業は女性から男性へのアプローチが一番効き目があるらしい。
それが、女性ではなく女の子、男性でなくおっさんだった場合、効果は一段と増すのであろう・・・という勘の元で仕事をしている。

出来る人には何かと余計な仕事が舞い込んでくるので、適度にできないことも重要である。

空気を読まないのではなく、読めない人間と思わせることも何かと許してもらう際には必要。

ひょうひょうとやっているとか、物怖じしないとか言われるが、間違いなくそうだろうと思う。

まず緊張することはない。
「緊張する」と言葉で発する時は、緊張していると思われた方が良かろうと思う時である。
しかも、そうゆう時は「あぁぁ、何か緊張してきた・・・」と心細そうに言う。

私にとってはお給料日よりもカードの引き落としの日の方がよっぽど重要 

August 26 [Sun], 2007, 22:18
正式に答えると、私が何にお金を使っているか・・・

それは、洋服、靴、鞄もそうですが、それより何より飲酒代です。
ついでに加えると、前まではガソリン代だった訳ですが、先日お世話になっている青年に、一体何にお金を使っているのか問うたところ、

「液体」

と答えていました。


同じようにアルコールとガソリン代だそうです。


私はナナちに乗っている時、もの凄くいろんな人にバカにされたけど、でも叶うことなかろうと思っていたことを手に入れたあの日々は生涯忘れられない宝物なのです。

ナナちはかわいい女の子だったけど、ツンデレでもあったから、私のこと好きだったけど舐められちゃいかんと意思を持って動いていたので、たまに暴れてました。

私はRX-7と言う車を知らなかったけど、ある時前を走行しているめちゃんこかっこいい車がナナちの仲間で絶対に乗りたい!と思って水面下で動き続け、決断だけを残した段階で初めてご両親に報告したので、二人ともかなり引いてましたが、すぐ承諾してくれたのでした。

そして、私は父親がこっそりナナちに乗って爆走していたことも知っている。

安兵衛は昼から飲めると聞いてはいたが、まさか本格的に居酒屋を開店しているとは・・・ 

August 26 [Sun], 2007, 21:50
結婚式じゃあるまいし、夕方5時から二次会するのも珍しいと思った本日、本来であれば純白のワンピースと大きいリボンのついた帽子をかぶって図書館でお勉強するはずだったのに、うっかりちゃっかり長岡まで出向いた宴からほろ酔いのまま乗った高速バスで目が覚めたのは、鳥原あたりから一人、また一人と降車していく仲間たちを拍手で見送るという、とんでもない老人の集団とご一緒してしまったからでした。

一体何事かと思って飛び起きた訳ですが、戦争を知らない私は、これが赤札を差し出された仲間を見送る気分なのだろうか・・・と思ってしまいました。


そう言えば、先日初めて結婚式の二次会の幹事をし、史上最強スーパーサイヤ人レベルにスベッタ訳ですが、もう途中吹っ切れて、やりたい放題暴れまくった私は、同席していた見知らぬ青年に動画で撮影されましたが、それは決して私の衣装や言動にときめいた訳ではなく、動物園に行って異国の生物を見逃してはいけないと言う気持ちからであったのだろうと思うと切ないです。
その祥子に、おっと間違えた、その証拠にカメラに向かって猫のポーズを決め込んだら

「あの。そうゆうの良いので、さっきみたいに暴れて下さい。」

と言われたんですからね。


と言うことで、今までは12時間だった最長連続飲酒時間が、その結婚式のお陰で15時間に伸びたのでした。

あなたより優しい男は砂の数ほどいるのにね・・・旅人 

August 26 [Sun], 2007, 2:25
そんなこんなで、たぶん・・・と言うか確実に私は合コン向けではなく宴仕様にできているので、間違いなくメンズからの好感度低いですけど、ガールズには人気がある方だと思います。

もしかしたら私は、世の女性陣ほど、仕事の内容とか、お給料とか、ギャンブルする/しないとか、女癖悪いとか・・・と言うか、これは間違いなく過去の教育だけど、私は誠実な男など存在しないと思っている故に誠実そうな言動ほど真意を疑ってしまう・・・とにかく、そこら辺にあまり興味がなく、本人が人間的に面白みがあることと、あとは見た目とセンスに惹かれる。

メンズもガールズも、プライベートも仕事も、スポーツも勉強も全部ひっくるめて、これは自論に過ぎないけど、私は何事もセンスがある人じゃないと成功しないと思っている。

つまるところ、努力とか日々の精進で埋め合わせることはもちろん可能だし、そうしないと絶対領域を超えることは生涯ないと思うけど、それより何より個人の持つセンスが決定打になっていると思うのだ。

相手のキャラクターを読めない人は、そうゆうセンスがなくて苦労するんだろうな、と思うし、それは対人関係もそうだけど、仕事・・・特に営業的な面が強い仕事ほどその色が強くなると思うけど、それもうまくいかないんだと思うな。

齢26の無鉄砲な女に叱られる34歳になんて死んでもなりたくない 

August 26 [Sun], 2007, 1:46
小市民の私でも、過去にそれなりに合コンと言う名の宴に参加し、いろんな人に出会い、時には家に居たら絶対犯されたと思うような、ヤンキーのお兄さんに家を探られそうになったり、赤外線を三回利用した三秒後に三件のメモリーを削除したり、古町で同じ男に二回声を掛けられ、当時失恋直後で心が荒れていた私は怒り狂い、「死ね!」と一言暴言吐いたこともあるし、その数分後にロードスターに乗った青年に「乗っていかない?」と言われ、うっかり同乗したいと思ったこともあるけど、今宵のように初対面の男性に対してブチ切れたのはこれが二回目です。

今日出会った緑のポロシャツ来た34歳の人のことなど、もちろん全然知らないけど、私のようなクソガキに生意気にも説教されたら余程胸糞悪いでしょうね。
私だったら生涯思い続けるほど嫌です。

それでも、あの人最悪だったから、「最悪ですよ」、と言ったまでです。
本当は、その後の一連の言動も凄まじく最低最悪にダサかったから、「最低にダサいんですけど・・・」、とも言いたかったけど、そこまで自分の感覚に自信がないので言えませんでした。

幸いにも私の周りにはそんな男性は居ないので、皆様に感謝するに尽きます。


そんな私は、大学で同じ学部だった男の子の名前を一人も知らないし、高校時代の友達自体もかの有名なあの女帝しかいないし、初めてできた男の子の友達は直紀さんと菊様だけど、今はいろんな男の子の友達がいるのが嬉しいです。


そんな今夜は、地元では考えられない程の都会の明かりに支えられ、オレンジの月が光っていたのでした。
なんだか無性にやるせない気持ちになりました。

いつか妹に「おねえちゃん」と呼ばれてみたい 

August 25 [Sat], 2007, 17:07


東京は物価が高く新潟は低いのと同じように、新潟は物価が高く大和は安いのでしょう。
たんたかたんの水割りはジョッキ大盛りで出てきました。



今年のお盆は、連日ビールを飲み続け、この一杯がなければ私が摂取した夏休みのアルコールは全部ビールだったのに、ちきしょ。



父親が言っていた。
初めてお酒を飲んだ時から飲めたのだ、と。


夏休みの半ばのある日、昼からタダでビールが飲めるしお肉も食べれると言うことで、ご両親にパラサイトして行ったバーベキューにて、私はどこぞやの家族に驚かれる位ビールを飲みましたが、でも父親曰く、自分がお酒を飲めるのも、私がお酒を飲めるのも「生まれつき」のことらしく、父親が全く何とも思っていないのと同じに、私も別に普通だと思っていますが、傍らで全くお酒の飲めない母親が「えっちゃん、すごいね!良くそんなに飲めるね。」と散々聞き飽きた言葉を言いながらも、どこぞやのサッカー兄弟にいじられ、あり得ないきゃんきゃんした対応をしているのを横目に、一人もくもくとお肉を焼き、野菜を焼き、ビールを差し出し、せせこましく労働していたのですが、きっと誰もがそんなことを知らず、あのおねえちゃんエライビール飲んでたよね、という印象しかないことも私は知っています。


と言うことで、これから合コンに行って来ます。どろん。

さすがにドナルドダックは酷いと思った 

August 22 [Wed], 2007, 0:08
毎週月曜日は会議で帰りが遅く、そして今週から繁忙期に片足突っ込んだ感もあり、今日は会社に戻ったのが7時前でだんだんと帰宅時間が遅くなって来ました。

しかし、夏休みにエネルギーを溜め込み俄然テンション上がりっぱなしの私は、連日会社から出る時もうきうきです。


その昔、大学前駅と銘打った大学から地味に遠い駅で電車を待っていると、プラットホームの端に向かって奇妙なステップを踏んでいる中年男性が視界に入ってきたので、そちらを見てみると本気の本気、その昔バブル期にあったと言うブームを彷彿とさせる見事なフォームで懸命にボーリングしている人と見かけました。

今流行のエアボーリングです。


そう言えば、入社して間もなく開催された当社主催のセミナーにて、フロアの端っこで奇妙なステップを踏んでいる中年男性が視界に入ってきたので、指差して爆笑した、その指の先には、本気の本気、その昔不景気の闇を照らす社会現象を彷彿とさせる見事なフォームで懸命に社交ダンスしている人をみかけました。

今流行のエア社交ダンスです。


そんなこんなで、昨日今日と遅くに会社を出ると、今や空き家となった某氏の選挙事務所の窓を鏡に器用なステップを踏んでいる青年が突如として視界に入ってきたので、今日は携帯で撮影しようと思ったくらい、本気の本気、その昔流行るのかと思ったら全然流行らなかったSMAPの剛君の華麗なステップを彷彿とさせる見事なフォームで懸命にタップダンスをしている人を見かけました。

・・・と言いたいけど、あれはエアタップダンスにはなりきれず、ただの不審者の舞です。

しかも、鏡として使いたいのであろう事務所の窓は暗闇で彼を映すことはありません。


なぜあそこを選んだのかというのと、なぜタップダンスを夜も更けそうな時間に練習しているのか、なぜ隣は駐車場なのにわざわざ好んで道沿いのスペースで練習しているのか、はたまた動きが奇怪すぎて良く良く見なくても不振人物と決め付けられるようなチグハグな動きをしているのか、非常に興味があります。

公の場で渡されたポエム あなたへ 

August 20 [Mon], 2007, 23:22
あなたへ

あなたをみつめてごらん
いいとこいっぱいあるじゃない
あなたのこと好きな人いるのよ 忘れないで
あなたを応援している人いるのよ 忘れないで

ねぇ、ちょっと顔あげて 笑ってみせて
ほら、やっぱり笑顔が一番似合うわよ
しばらく笑いを忘れても
いつかはやっぱり笑顔をみせてね



ボロボロのわら半紙に書かれたポエムを財布から大切そうに取り出して、そっと私に渡してくれた。





先日、HWの合同企業説明会へ営業のため出かけたところ、某社のじじいが私にくれたこのポエム。
一体どうすりゃいいんじゃ。
来期取引してくれないと怒るよ。

採用・就職活動の総括よりも夏休みの総括したい 

August 17 [Fri], 2007, 0:29
数時間前から採用・就職活動の総括を総括するという、濃縮還元100%ジュースを濃縮するみたいなことをしております。

今日からの社会復帰に全力で立ち向かった夏休み最終日。
早朝の大浴場に行ったり、イルカショーを見たり、母校を徘徊したり、社会科の授業としてお仕事見学に行ったり、今流行のメガネを購入しようとしてみたり、ジェラート食べたり、新婚夫婦の新居にお邪魔したりと一日フル活用して現実逃避に努めました。


ですが、私の最大の現実逃避であるサマージャンボ宝くじ3枚がどうしても見つかりません。
このままだと3億円を無駄にしてしまうことになりますよ。

このままでは死んでも死にきれない。
このまま夏を終わらせられない!
終わらせてやらない!!

その前に夏休み終わらないで(TT)

と言うことで、夏休みの総括はまた書きます。
どろん。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:      姫
読者になる
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる