Duet〜悲しい旋律〜10

October 30 [Sun], 2016, 10:38
※これから児童保護のことが出てきますが、作者は韓国の法律や制度について全くわかりません。あくまでこれは想像です、、すいません(><)




それから私は児童保護施設に行くことになった。




このまま、チャンミンのお家にお世話になっていることは出来ない。




自分からチャンミンのお父さんに切り出した。




一週間後に移ることが決まり、それまでの間彼の家族と楽しい時間をすごした。


もちろんチャンミンとも。



彼のお母さんからはキムチの作り方を教わったり、お父さんとは本について色々教えてもらった。



妹さん2人とは、ゲームをしたり、一緒に買い物にいったり一人っ子の私には初めての経験。


チャンミンとは、、



一緒に学校に行って、帰って


普通の日常、前はなかった私には一番幸せなこと、チャンミンが側にいること


「チャンミン?」


「なに?」


「チャンミンは私の一つ上でしょ、やっぱりチャミオッパって呼ぶべき?」


チャンミンはビックリして目を丸くする


ただでさえ大きな瞳なのにこぼれ落ちそう。


「いいよ」



はにかんで笑うチャンミン

こんなに可愛い笑顔を初めてみた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mayu
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
東方神起、JYJ(特にチャミさん)が大好きなアラサー女子です(*^^*)
お米の美味しい県に住んでます♪
ペンになって日が浅いので、周りに交流を持てる方がいなく、ブログを始めてみましたww
BIGBANGも大好きです、特にジヨンww
Yapme!一覧
読者になる