ローラまんじゅうとホマキ

August 01 [Tue], 2017, 22:01
赤ちゃんを授かって栄養指導を受けたり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。はかには、野菜もそうですね。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、十分な葉酸摂取を心がけてください。
一般的に、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。このような場合、使ってみると良いのが葉酸サプリです。サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、仮に食事での摂取が不十分だとしても安心できますよね。
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸サプリの話題が出ました。彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと以前教えてもらったことがあったので、その友達に教えてあげました。妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思います。
妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。こうした動画を活用すれば、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く息が上がる程度の運動は代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。ですから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。
冷え性は不妊を招くと言われています。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害や子宮の機能が低下することが知られています。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血行を良くして、自律神経に働きかけ、リラクゼーションも期待できます。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といったいわゆる青菜のものが多いです。妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのを勧めたいものです。
葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠初期が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
妊娠を希望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですよね。葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、いかに大切な栄養素であっても、適切な摂取が必要です。中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、決められた用法と容量を必ず守ってください。葉酸を摂りすぎると、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が大変重要な働きをしますので、忘れずに摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。妊活中の女性以外にも、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子が活性化することを手助けしてくれるという訳です。亜鉛は妊活中の夫婦の心強い味方です。ぜひご夫婦で亜鉛摂取を試してみてください。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。基礎体温表をつけていくとその変化で、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るというルールもあるので、その通りにしていくのが肝心です。いまはアプリもあるので気軽にできますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:奏音
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ecmaht215eroze/index1_0.rdf