看護師として勤務する場所は、普通はクリニックや・・・

May 10 [Tue], 2016, 20:19
看護師として勤務する場所は、普通はクリニックや病院などになりますよね。きちんと調査や情報収集をすることが重要ですが、ナースを専門とした就職アドバイザーからも情報を貰うことも欠かすことはできません。
夜通しの勤務をする必要があるので、どうしても不規則な生活、その上身体的、心理的にも強靭な方でないとできない仕事。




ナース 求人
自分の給料が安すぎると感じている看護師さんがほとんどというのも当然かもしれません。
募集中の求人状況を見るだけじゃなく、募集先の雰囲気や看護師長がどんな人なのか、有休や産前産後の休暇などの実際の取得実績、配置されている体制なども、念入りにチェックしたいものです。
看護師求人サイトの場合、通常非公開求人も持っているので、普通に公開中の一般求人だけで転職先を決めずに、まずは一度利用登録が完了した後で相談の機会を設けるといいと思います。


2013年における看護師の標準年収は、472万円だったようです。全職業に従事している女性の年収の平均金額は、200万円から300万円とのことなので、看護師の場合、給料は、予想以上に高い水準であることがわかります。
転職の際に求人サイトの選別をする際には、何を差し置いても運営している会社をチェックしておくべきです。

誰でも知ってる大きな企業なら、求人情報の数もバリエーションも多く、プライバシーの取扱いも配慮されています。
年代ごとにデータ化された年収変動のグラフを見てみると、全ての年齢層で、看護師の年収が全職業に従事している女性の年収を大きく上回っていることが明らかです。
民間の会社である求人サービス会社の一番いい所が、求人側である医療機関担当者と所属の転職アドバイザーが、強いつながりを持っていることです。

こういった部分がハローワーク(職安)あるいは看護協会の就職・転職相談コンサルタントとは大きな開きがある点でしょうね。
なんといっても、看護師は体も心も丈夫な人しか続けられない職業の代表です。反対の言い方をすると、「つらい仕事でもいいから稼ぎたい」という覚悟のある方には合っている仕事ではないでしょうか。


「医者は高収入」「役所勤務は給料安いけど生涯年収が高い」といったふうに、職種間の違いについて話す人をたまに見かけます。ナースの仕事も、「高額な年収」とイメージされることが多い職種ですよね。
看護師転職エージェントの集合タイプの求人サイトの場合、病院や施設の事業主に費用負担をお願いするのではなく、いろんな看護師さんに会員になってもらいたい看護師転職エージェントサイドから費用等を得ることで展開されているのです。


タフで重責を負う職業なのに、その辺の男性会社員がもらうよりも安い給料で働いていることから、仕事内容に見合った給料じゃないと感じている看護師さんはかなりの人数に上ります。
確かに一般的な職業の女の方の年収より多いのは間違いありませんが、体力の面、精神の面できつい仕事であるうえに、深夜の夜勤が不可避であるという現状を見ると、あながち不満のない給料だとは断言できません。


受けられるサービスというのは、次の勤務先への就職や転職活動に必要な事柄がほとんどそろっており、これに加えて自分だけでは不可能な医療機関側との交渉など、利用料金がいらないと思えないくらいのサービスなのです。
短い期間の募集もありますし、月2、3回程度の夜勤専門勤務を長期間雇う募集をしているケースも見られますから、時給はそれ以外のアルバイトと比べて、高めに定められていることが多いのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:心春
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ecm6neatsmxo7e/index1_0.rdf