醍醐寺

April 30 [Sat], 2011, 16:28
昨日は醍醐寺へ初めて行った。一度行ってみたい寺だった。しかも、花見シーズンへ行けたのは喜びであった。世界http://www.bha.co.jp/文化遺産でもある醍醐寺は広大な敷地を持。国宝の金堂や五重塔がある下醍醐から1時間かけて山道を行けば辿りく上醍醐まで。体力的にも時間的にも上醍醐までは行けなかった。次回の課題である。五重塔の下でおにぎりを食べて、三宝院、霊宝館を回る。三宝院は年豊臣秀吉が作庭した庭が名高い。一昨日訪れた京都工芸繊維大学での展示もうひとの京都モダニズム建築から見えてくるもので印象に残った都ホテル佳水園村野藤吾設計では、この三宝院の庭を参考に作庭したそうである写真撮影は禁止。庭は背景に桜が見えて、とても美しいものであった。霊宝館では堂本印象の障壁画が素晴らしかった。歌会での短冊には秀吉直筆の歌もあった。また、仏像棟にはあまりに沢山の人が並んでいたので入らなかったが、薬師堂の本尊の国宝、薬師三尊像は見ることができた。この霊宝館も醍醐寺の莫大な寺宝を保存、公開をする施設で、この寺のスケールの大きさを感じさせる広大な敷地を持っている。醍醐寺は、そのあまりに広大な敷地と奥深さから、とても1日で回りきれないほどの凄味を感じさせてくれる寺であった。写真は境内の桜五重塔
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eclton9hke
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eclton9hke/index1_0.rdf