よっすぃ〜だけどトカちゃん

March 28 [Mon], 2016, 13:24
治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、仕事上での必要性や重要度は大変高く、意義の感じられる仕事です。
病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。

なので、日勤業務と夜勤業務に分けられてシフトを組んで交代でこなしていきます。こういった勤務形態ですから、上手に生活のメリハリをつけないと思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。
スキルを上げて「有能な介護士になりたい」と願うのなら、一にも経験、二にも経験となります。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。



ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設で技術を吸収したいと希望する、大変に積極的な仕事の選び方です。
介護士をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く介護士にしてみると大変な懸念事項となっています。

未就学児であれば、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。

なので、パートで働く形に変えていくという介護士も少なからずいます。多くの介護施設で介護士不足が叫ばれていますが、これは介護の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。
原因は様々ですが、その一つとして介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。



介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士にかかる負担が増え、勤務時間も長時間になって、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。
交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、介護士の職を離れる人も珍しくないのです。様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておくことが必要になります。

女性の介護士の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。

素顔の時ともまた違っているので、雰囲気が変わりますよ。
かつての介護士は女性が担うものというイメージがありました。
しかし最近の傾向は、介護士という名前も定着して、男性が働くことも珍しくありません。

介護士に相応しい性格や能力をみても、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も介護士にとって大事なポイントになっています。介護士が活躍できる場所は、介護施設に限りません。

グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても介護士の活躍が期待されています。


こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、そのことを心に留めて介護することが重要です。

介護方面に興味のある介護士はグループホームに就職するという選択肢もいいのではないでしょうか。
夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、決まって体調を崩すようであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。ここで気を付けたいことは、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、どうやっても夜勤のある介護士と比較して給料の額が減ってしまうことが多いようです。
現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに多くの介護士が自然な生活のサイクルを失い、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。


基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、腰痛や頭痛に苦しむことになり、身体に無理をさせているのかも、と思い知らされることもあるのです。



転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。
たいていの介護機関では、介護士の需要が大変高く、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。


勤務している今の職場で給料が相場より遥かに安かったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。



もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。
数年間、専門機関で学んで資格を取得する介護士は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。



結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。
こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。



例として、今いる職場では遭遇することない症例を体験したい、小規模な介護施設では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。
給料についてですが、介護士の場合は勤め先により違いがあり、例えば大学介護施設と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。
退職する時に出る手当である、退職金については、国立介護施設や公立介護機関に勤めていたのでしたら、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。
翻って個人介護施設の状況ですが、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は求人が途切れるようなことはありません。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、その際に気を付けてさえいれば、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。
ネット環境があれば、簡単にアクセスできる求人サイト、それも介護士専門のものが増えてきていますから、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。

病気になって気落ちしていると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。


具体的には、多くの覚える事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも少なくないそうです。


性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。なぜ介護士をやるのかといわれたときに、外せない理由の一つに収入が高いという点があります。

例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。
しかし、そのように高給をいただくということはそれだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。


他業界の労働者と介護士を収入の面で比較してみると、年間を通した平均収入の額ですと確実に、介護士の方が上回るといいます。

それから、介護士という仕事は介護機関を中心に需要が途切れることなくあります。そのため、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの得難い長所もあるわけです。
ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

往々にして介護士として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。介護施設勤務で、二交代制だった場合、合間で休憩はあるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。



こういった長時間勤務の実態も世間的に、介護士として働くことが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。夜勤をこなす必要があって、介護士の仕事は勤務の形が少々不規則です。
当然、休みはきちんともらえますけれど、なかなかハードではあります。

そして、結婚や出産といった機会に退職する介護士も多く、人手不足の一因となっています。


特に子供ができると安心して託児ができる施設などがなければまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてもう一度介護士として働くことを希望する人も増えてきており、大きな戦力となっています。

少し前までは、一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、ここ数年の間にだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。


看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでそれだけキャリアアップの機会に恵まれるとも言えます。
看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、看護の業務に必要な諸々について口頭で直接、次の人に報告するというものです。
患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話すようにします。

また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも求められます。
世間では、介護士は白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、大体の場合には、好意的な印象を与える仕事であると思います。


しかしながら、実際の介護士の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。
良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、介護士の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、介護職にかかわる人たちももっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。なので、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。
毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、なぜ介護士がそんなに足りていないのでしょう。それには働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。

働く介護士にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や交代制による不規則な勤務形態があります。介護士の中には女性が多く、人間関係のもめごとが多い職場も少なくありません。
勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。

転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも良いと思います。結婚相手として男性から人気が高い介護士が、独身の女性も多いです。

介護士がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が判明しました。結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、自分の出世を考えて結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、実は夜勤手当があることによって給与が高くなるといえるでしょう。ですから「いいお給料で介護士をしたい」というのならば職場選びの際、日勤だけではなく夜勤がある勤務先を選択してください。

夜勤で勤務できるかどうかで給料の額は違ってきます。


もし介護士として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。
エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、うっかりミスなどが無いようにしましょう。同様に、薬にも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、気をつけないといけません。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。


パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、多くの場所で、介護士資格を持つ人材は求められています。
例を挙げると、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で介護士として活躍する人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。



こうして、介護施設に限らず介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして働きやすい職場へと、転職することもできるのです。
国外で助けを求めている人に、介護に携わる者として何かできる事がないのかという思いを抱える介護士の人も少なくないでしょう。実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。海外で介護士とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語を話せることが絶対条件になります。もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。
介護機関、それも病棟に勤務する介護士であれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。



夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、そんな状態で夜間に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。
そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおそらく日勤を超えるでしょう。
介護施設の統廃合続きにより、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。


日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。男性介護士も増えてきてはいますが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスが蓄積されたり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも理解できる話です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる